<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

飛来一閑 振々籠花入 即中斎

2019年6月26日(水)

 

十四代飛来一閑造 振々(ブリブリ)籠花入を入手しました。

 

DSC_0881.JPG

 

即中斎宗匠のお箱書。

IMG_0124.jpg

 

本歌は久田宗全の作です。

DSC_0877.JPG

 

振々(ブリブリ)とは
元は江戸時代頃、正月に子供が振りまわして遊ぶ木製のおもちゃでした。
八角形の槌に似た形で、下地に金箔を彩り、鶴亀・松竹梅・高砂の尉姥などの彩色絵を施す。
正月、魔除けとして室内に飾ったりもしました。

 

DSC_0878.JPG

 

十四代 飛来一閑(明治27年(1894年) - 昭和52年(1977年)8月26日)
十三代の長男。才右衛門。幼名「駒太郎」。太平洋戦争により二人の息子を戦死で失ったため、昭和30年(1955年)5月に後の十五代を婿養子として迎える。

 

DSC_0879.JPG

 

作者共箱。

IMG_0125.jpg

 

 

DSC_0880.JPG

 

価格は88,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 花入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

清水日呂志 高麗茶碗 蕎麦 斗々屋

2019年6月25日(火)

 

本日も清水日呂志造の高麗茶碗を二椀ご紹介いたします。
二椀とも未使用のような綺麗な状態です。

 

一椀目は蕎麦茶碗です。

 

DSC_0920.JPG

 

蕎麦茶碗(そばちゃわん) とは、高麗茶碗の一種です。
蕎麦の名前が見えるのは、江戸中期以降といいますが、その由来は、地肌や色合いが蕎麦に似ているから、ソバカスのような黒斑があるから、作行きが井戸に似ているので「井戸のそば」など、諸説あり判然としません。

 

 

DSC_0922.JPG

 

全体の形は、平らめで、高台は大きく低め、高台から腰の部分が張り出して段になり、口縁にかけてゆったりおおらかに開く姿です。轆轤目があり、口は広くかかえ気味、見込みに大きく鏡落ちがあり、その部分が外側の腰の部分の張り出しになっています。鏡のなかに目跡があります。

 

DSC_0921.JPG

 

駕洛窯
萬古焼楽山窯3代清水日呂志(しみず ひろし)氏の窯ものの内、高麗茶碗生産の地、韓国で築窯、生産をしているものです。
氏の定評のある高麗茶碗写の系統を引く端正で完成度の高い茶碗です。

 

 

作者共箱。

DSC_0923.JPG

 

径15,8センチ   高6,5センチ

DSC_0920.JPG

 

価格は6,500円です。

 

 

 

二椀目は斗々屋茶碗です。

 

DSC_0927.JPG

 

斗々屋茶碗(ととやちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、魚屋とも書きます。
斗々屋の名前の由来は、利休が堺の魚屋の棚から見出したからとも、堺の商人・斗々屋所持の茶碗からともいわれます。

 

DSC_0924.JPG

 

竹節高台の中は兜巾が立っています。

DSC_0925.JPG

 

作者共箱。

DSC_0926.JPG

 

径14,0センチ   高6,8センチ

DSC_0927.JPG

 

価格は6,500円です。

 

DSC_0905.JPG

 

 

DSC_0906.JPG



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

清水日呂志 高麗茶碗 三島 伊羅保

2019年6月24日(月)

 

本日も清水日呂志造の高麗茶碗を二椀ご紹介いたします。
二椀とも未使用のような綺麗な状態です。

 

 

一椀目は三島茶碗です。

 

DSC_0912.JPG

 

三島茶碗(みしまちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、李朝初期15〜16世紀の慶尚南道で焼かれたとされ、雲鶴に次いで古いと考えられています。
鉄分が多い鼠色の素地に、印や箆(へら)や櫛(くし)で紋様をつけ、白土の化粧土を塗った後、削り又は拭き取り仕上げをし、長石釉や木灰釉を掛けて焼成した白象嵌の陶器で、「暦手(こよみで)」とも呼ばれます。

 

 

DSC_0913.JPG

 

三島の名前は、その文様が、伊豆国三嶋明神(現三嶋大社)で版行された摺暦(すりこよみ;木版印刷)である「三島暦」の仮名の崩し文字に似ていることから「みしま」「こよみ」などと呼ばれたというのが通説となっています。

 

DSC_0914.JPG

 

駕洛窯
萬古焼楽山窯3代清水日呂志(しみず ひろし)氏の窯ものの内、高麗茶碗生産の地、韓国で築窯、生産をしているものです。
氏の定評のある高麗茶碗写の系統を引く端正で完成度の高い茶碗です。

 

作者共箱。

DSC_0915.JPG

 

径14,0センチ   高6,7センチ

DSC_0912.JPG

 

価格は6,500円です。

 

 

 

二椀目は伊羅保茶碗です。

 

DSC_0919.JPG

 


伊羅保茶碗(いらぼちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、多くは江戸時代初期に日本からの注文で作られたと考えられています。
伊羅保の名前は、砂まじりの肌の手触りがいらいら(ざらざら)しているところに由来するとされています。

 

DSC_0916.JPG

 

作行は、やや薄めで、胴はあまり張らず、腰から口まで真直ぐに延び、口が大きく開いていいます。
素地は、鉄分が多い褐色の土で、轆轤目が筋立ち、石灰の多い伊羅保釉(土灰釉)を高台まで薄く総掛けしてあり、土見ずになっています。

 

DSC_0917.JPG

 

作者共箱。

DSC_0918.JPG

 

径14,4センチ   高7,1センチ

DSC_0919.JPG

 

価格は6,500円です。

 

DSC_0905.JPG

 

 

DSC_0906.JPG



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

清水日呂志 高麗茶碗

2019年6月21日(金)

 

本日は清水日呂志造の高麗茶碗を二椀ご紹介いたします。

二椀とも未使用のような綺麗な状態です。

 

一椀目は、掻落し手茶碗です。

 

DSC_0900.JPG

 

掻落し

化粧掛けした白土を部分的に掻き落として灰色ないし灰黒色の素地を露出させ、文様を表すもの。文様部分を掻き落として「地」の部分を白く残す場合と、逆に「地」を掻き落として文様を白く残す場合とがある。

 

DSC_0901.JPG

 

駕洛窯

萬古焼楽山窯3代清水日呂志(しみず ひろし)氏の窯ものの内、高麗茶碗生産の地、韓国で築窯、生産をしているものです。
氏の定評のある高麗茶碗写の系統を引く端正で完成度の高い茶碗です。

 

DSC_0902.JPG

 

 

DSC_0903.JPG

 

作者共箱。

DSC_0904.JPG

 

径14,0センチ   高6,5センチ

DSC_0900.JPG

 

価格は6,500円です。

 

 

 

二椀目は呉器茶碗です。

 

DSC_0909.JPG

 

「御本」が内外に出て、景色となっています。

DSC_0910.JPG

 

 

DSC_0908.JPG

 

作者共箱。

DSC_0911.JPG

 

 

径13,6センチ   高8,5センチ

DSC_0909.JPG

 

価格は6,500円です。

 

 

 

DSC_0905.JPG

 

清水日呂志 しみずひろし
萬古焼に初めて高麗手茶陶を加え、茶道界の評価を得た
初代清水楽山を祖父に昭和16年1月25日に生誕。

昭和34年
祖父楽山につき修行
昭和36年
高取、丹波、萩にて修行
昭和45年
三重郡菰野町切畑登窯築窯
昭和46年
韓国利川にて茶陶器指導
昭和47年
韓国大邱にて茶陶器指導
昭和49年
釜山近郊金海郡に金海駕洛窯築窯
 
田山方南先生より駕洛窯と命名される
昭和56年
三重郡菰野町尾高高原に尾高焼楽山窯築窯

 

 

DSC_0906.JPG

 

 

こちらで御道具の販売をしております

茶道具 小西康 WEBSHOP


茶道具 小西康 フリーダイヤル

0120−417−524
      ヨイナ コニシ

 

 

 

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

十代中川浄益 利休形 石目鐶

2019年6月20日(木)

 

十代中川浄益造 利休形 石目鐶を入手しました。

 

作者共箱。

DSC_0897.JPG

 

鐶の材質は、鉄が一般的で、南鐐、砂張などがあります。
鐶は、風炉・炉の別はありません。 。
鐶は、形や打ち方によって、それぞれに名称がついています。
鐶の打ち方によるものに、「石目」、「槌目」、「空目」などがあります。

 

DSC_0899.JPG

 

鐶の形によるものに、「大角豆」(ささげ)、「竹節」、「捻鐶」、

「蜻蛉鐶」、「巴鐶」、「轡鐶」、「常張鐶」、「割鐶」、「虫喰」、

「素張」などがあります。

 

DSC_0898.JPG

 

十代浄益(淳三郎・紹心、1880年 - 1940年)
九代の息子。早くから大阪の道具商のもとに修行に出される。
父の死により家督を相続。第一次世界大戦勃発による軍需景気にのり負債を完済、中川家再建の基盤を作る。
代表作「青金寿老」「布袋像2体」

 

価格は20,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 炭道具 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

真葛焼 宮川香斎 花菱絵 平茶碗

2019年6月19日(水)

 

真葛焼 四代宮川香斎造 花菱絵 平茶碗を入手しました。

 

DSC_0870.JPG

 

仁清写しで、黒、銀、色絵の組み合わせが美しい。

DSC_0868.JPG

 

四代 永誉香齋 えいよこうさい
明治30年(1897)〜昭和62年(1987)
大正8年、兄の三代光誉香齋の病没し、四代香齋を襲名しました。
煎茶の大阪佃一茶氏、小川後楽氏、及び西本願寺を中心に、煎茶道具や食器雑器などを制作する。さらに大徳寺、妙心寺の御用達として、御遠忌の天目茶碗を制作する。
昭和4年(1929)、表千家半床庵久田無適斎宗匠に入門し、茶道具の制作に専念する。一方で昭和5年に帝展(現日展)に初入選し、それ以来種々の展覧会に出品する。昭和47年(1972)に隠居し治平を名のる。

 

 

DSC_0865.JPG

 

高台も綺麗な状態です。

DSC_0866.JPG

 

菊菱七宝つなぎです。

DSC_0869.JPG

 

作者共箱。

IMG_0111.jpg

 

径13,2センチ   高5,4センチ

DSC_0870.JPG

 

価格は40,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

十一代中村宗哲 淡々斎好 青漆爪紅 花形盆

2019年6月17日(月)

 

十一代中村宗哲造 淡々斎好 青漆爪紅 花形盆を入手しました。

 

DSC_0750.JPG

 

板部分は糸目にし、凹凸をつけています。若干スレが見られます。

DSC_0752.JPG

 

淡々斎宗匠の御好みの本歌です。

正面にお花押が入っています。

DSC_0751.JPG

 

淡々斎宗匠のお箱書。

DSC_0757.JPG

 

傷みがあり修理済です。

DSC_0756.JPG

 

縁と板部分が歪み、隙間が空いたので、青の漆でうめています。

DSC_0754.JPG

 

丁寧に直してますが、縁に修理の筋がみえます。

DSC_0753.JPG

 

十一代中村宗哲

千家十職。中村家十一代目宗哲。名は八郎兵衛、号は元斎、俳号は九士。

京都府文化功労者・茶道文化功労者。昭和60年退隠。

平成5年(1993)歿、94才

 

宗哲の紙タトウも付いています。

DSC_0759.JPG

 

作者共箱。

DSC_0758.JPG

 

青漆の色と爪紅の朱が綺麗です。

 

径33センチ   高4センチ

DSC_0750.JPG

 

価格は65,000円です



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

亀井味楽 高取焼 あんこう形水指 即中斎

2019年6月14日(金)

 

十四代亀井味楽 高取焼 あんこう形水指を入手しました。

 

DSC_0760.JPG

 

即中斎宗匠のお箱書。

DSC_0769.JPG

 

十四代飛来一閑作の一閑張片木目の蓋が添っています。

即中斎宗匠のお花押が綺麗にはいっています。

DSC_0768.JPG

 

 

飛来一閑の共箱になっています。

DSC_0770.JPG

 

 

DSC_0763.JPG

 

高取焼は元々、福岡県直方市にある鷹取山の麓にて焼かれており、朝鮮出兵の際に黒田長政が陶工、八山(日本名・八蔵重貞)を連れ帰って焼かせたのが始り。開窯は1600年と言われている。江戸時代には黒田藩の御用窯として繁栄、元和年間には唐津からの陶工を招き、技術を向上させている。
寛永年間に入ると、2代藩主黒田忠之は小堀政一(遠州)と交流を深め、遠州好みの茶器を多く焼かせた。それが縁で、遠州七窯の一つに数えられ、茶陶産地として名を高めることとなった。この頃の中心は白旗山窯で、遠州好みの瀟洒な茶器は「遠州高取」と呼ばれた。

 

 

DSC_0764.JPG

 

十四代 亀井味楽
昭和6 (1931) 年、福岡生まれの陶芸家。
遠州七窯の一つ、高取焼の十四代目。

高取焼の、高官釉・銅化釉・ふらし釉・白釉・黒釉・黄釉・うす黒釉を用いて作陶する。

日本工芸会正会員。文化連盟理事。福岡市無形文化財保持者

 

DSC_0761.JPG

 

 

DSC_0765.JPG

 

十四代味楽の「ミ」の彫がございます。木箱に味楽の共箱はございません。

DSC_0766.JPG

 

 

 

DSC_0762.JPG

 

真塗の替え蓋も付いています。

DSC_0767.JPG

 

三木町棚や好日棚など小棚に合う大きさです。

 

径15.1センチ   高14,2センチ

DSC_0760.JPG

 

価格は21万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

十二代田原陶兵衛 萩焼松葉茶碗 淡々斎 

2019年6月13日(木)

 

十二代田原陶兵衛造 萩焼松葉茶碗を入手しました。

 

茶碗腰部分に大小の松葉を描いています。薄茶一服のお茶会などで活躍しそうです。

 

DSC_0780.JPG

 

萩焼はざっくりとした焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いが特徴です。土が粗いため、土と釉薬(うわぐすり)の収縮率の違いによりできる表面の細かなヒビ(貫入)から水分が浸透し、器の中から表面にまでいたります。

 

DSC_0781.JPG

 

この浸透により、使い込むほどに器の色合いがだんだんと変化し、なんとも言えない侘びた味わいを醸すようになります。この変化は「萩の七化け」と呼ばれ、萩焼の特徴的な魅力となっています。

 

DSC_0782.JPG

 

十二代 田原陶兵衛
1925年 山口県長門市に生まれる。
1944年 旧制山口高等学校在学中に召集を受けて満州に渡る。
1945年 シベリアに抑留される。
1948年 抑留先のシベリアから復員後、長兄11代田原陶兵衛に後継者不在の為家業を継承。
1956年 12代田原陶兵衛を襲名。
1972年 日本工芸会正会員。
1981年 山口県の無形文化財保持者に認定。
1991年9月27日没。66歳没。

 

DSC_0783.JPG

 

高台は割高台。

DSC_0786.JPG

 

内、外全体にいわゆる「御本」が出ています。

DSC_0785.JPG

 

陶兵衛の印。

DSC_0784.JPG

 

淡々斎宗匠のお箱書。晩年のご染筆です。

DSC_0787.JPG

 

作者共箱。

DSC_0788.JPG

 

径12,5センチ    高9,0センチ

DSC_0780.JPG

 

価格は12万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

初代須田菁華 木津宗泉 蟹画茶碗

2019年6月12日(水)

 

初代須田菁華造 蟹絵茶碗がはいりました。

 

木津宗泉下絵の蟹の絵です。

 

DSC_0798.JPG

 

内の見込みには菊の彫があります。

華甲に因んだ御茶碗です。

 

DSC_0797.JPG

 

木津宗泉
茶人。二世宗詮の末子。号は聿斎・卜深庵・宗泉。
父祖の業を継ぎ、幼少の武者小路千家九世愈好斎をたすけ、
武者小路千家家元預りとなる。また、茶室・茶庭の設計に長じ、
晩年看松居・菜種庵・興福寺興善院などを設計。一代限りの宗泉の名を賜る。
著者多数。大阪に住した。昭和14年(1939)歿、78才。

 

木津宗泉の書付。「御本写茶碗 無腸公子 下画自筆 華甲 聿斎 壬戌孟冬」

DSC_0803.JPG

 

無腸公子は蟹の異名です。

 

五十の内。

DSC_0804.JPG

 

 

DSC_0800.JPG

 

 

DSC_0801.JPG

 

初代須田菁華

(1862〜1927)は、文久2年(1862)金沢の商家に生まれる。初名与三郎。

明治39年(1906年)に菁華窯を築き、染付、祥瑞、呉須赤絵、古赤絵、古九谷などの倣古作品を得意としました。
なかでも、その名(号 菁華)のとおり染付作品は秀でています。
大正4年(1915)には、菁華窯を訪れた北大路魯山人が初めて陶芸に触れ開眼していることで有名です。

 

DSC_0802.JPG

 

可愛くてユーモラスな蟹。

DSC_0799.JPG

 

作者共箱。

DSC_0805.JPG

 

径10,8センチ   高7,7センチ  

DSC_0798.JPG

 

価格は18,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ