<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

竹内栖鳳 芋の子 短冊表具

2015年4月3日(金)

竹内栖鳳 芋の子 短冊表具が入りました

P3315597.JPG
竹内 栖鳳
(たけうち せいほう、1864年12月20日(元治元年11月22日) - 1942年(昭和17年)8月23日)は、戦前の日本画家。近代日本画の先駆者で、画歴は半世紀に及び、戦前の京都画壇を代表する大家である。帝室技芸員。第1回文化勲章受章者。霞中庵の号もある。動物を描けば、その匂いまで描くといわれた達人であった。1887年(明治20年)、23歳の時に結婚し、これを機に絵師として独立する。同年、京都府画学校(現:京都市立芸術大学)修了。1889年(明治22年)には京都府画学校に出仕し、京都の若手画家の先鋭として名をあげてゆく。また1900年(明治33年)、36歳の時には、7ヶ月かけてヨーロッパを旅行し、ターナー、コローなどから強い影響を受けた。1913年(大正2年)12月18日に「帝室技芸員」に推挙されることで、名実共に京都画壇の筆頭としての地位を確立した。また弟子の育成にも力を入れ、画塾「竹杖会」を主宰。上村松園や西山翠嶂をはじめ、西村五雲、土田麦僊、小野竹喬、池田遙邨、橋本関雪ら名だたる俊英を多数輩出している。

P3315598.JPG

芋の子(里芋)は正月のおせち料理に欠かせないことでもわかるように、縁起の良い食材でもあります。親芋、子芋、孫芋とたくさんできてゆく様子に、子孫繁栄を祈願しました。

P3315599.JPG

平安時代に貴族の間で始まったお月見は、江戸時代には庶民の間にも広まり、中秋の名月〜十五夜の月見がちょうど里芋の収穫期と重なったこともあり、「衣被《きぬかつぎ》」をお供えしました。

絹本に淡い茶の濃淡で描かれています
P3315600.JPG

中廻しは花唐草金襴
P3315601.JPG

溜塗の二重箱入りです
P3315609.JPG

P3315610.JPG
作者共箱
P3315611.JPG

巾27センチ   丈156センチ
P3315597.JPG

 
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

西村五雲 えんどうか (豌豆花) 横幅

2015年4月2日(木)

西村五雲 えんどうか (豌豆花) 横幅が入りました
               豌豆豆=えんどう豆
P3315617.JPG
西村 五雲
1877年(明治10年)11月6日 - 1938年(昭和13年)9月16日)は日本画家である。京都出身、本名・源次郎。日本画家の西村卓三は息子(次男)。動物の生態を生き生きと捉える絵を描き、平和でのどかな動物画を得意としていた。

1890年(明治23年)13歳で岸竹堂に入門、竹堂没後の1899年(明治32年)に竹内栖鳳に師事。1907年(明治40年)の第1回文展で「咆哮」(山種美術館蔵)が三等賞受賞。1913年(大正2年)に京都美術工芸学校教諭、1924年(大正13年)に京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)教授、1933年(昭和8年)に帝国美術院会員、1937年(昭和12年)に帝国芸術院会員。晩年の五雲は名声を得る。画塾・晨鳥社を主宰、門下に山口華楊などがいる。

P3315618.JPG

絹本に薄くシミが出ています
P3315619.JPG
からませたツルの先に咲く、赤や白の花は春の彩りです
3月から4月の待合掛けに適します

豌豆の花に蜂が寄ってきています
P3315620.JPG


P3315613.JPG

二男の西村卓三の箱書きになっています
P3315614.JPG

P3315615.JPG


溜塗二重箱に収まります
P3315612.JPG

巾65センチ  高136センチ
P3315617.JPG



 
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

須磨対水 一連雁 横幅

2015年4月1日(水)

須磨対水 一連雁 横幅が入りました

P3315594.JPG
須磨対水
四条派の画家。大阪船場生。明治元年(1868)〜昭和30年(1955)。名は鹿太郎。久保田桃水に師事。大正から昭和にわたり大阪画壇を代表した画家。大正3年〜15年まで池田に居を構える。理由は、四条派の祖呉春(松村月渓)が、天明元年(1781)から寛政元年(1789)までの8年間をこの地で過ごしたことへのあこがれからだった。昭和30年(1955)歿、88才。

一連の雁が飛んでいきます
P3315593.JPG

地上には岩山と芒、照葉の木が見えます
P3315592.JPG

巾45cm   高104、5cm
小幅の横物で絹本に書かれています
P3315591.JPG


P3315588.JPG

作者共箱
P3315589.JPG

P3315594.JPG

価格は13万円です
茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小西康 WEBSHOP
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

橋本関雪 じゅんさい採りの図

2015年3月31日(火)

橋本関雪 採芽(じゅんさい採りの図)が入りました

P3315579.JPG

橋本関雪
父から漢学を学び1903年(明治36年)、竹内栖鳳の竹杖会(ちくじょうかい)に入り1913年(大正2年)と1914年(大正3年)の文展で二等賞。1916年(大正5年)と1917年(大正6年)の文展で特選を受賞。帝展審査員を務め1934年(昭和9年)12月3日、帝室技芸員に選ばれる[1]。1935年(昭和10年)に帝国美術院、1937年(昭和12年)に帝国芸術院会員となる。1940年(昭和20年)、建仁寺襖絵を製作。
P3315584.JPG

題「採芽」
P3315585.JPG

塗の外箱には水連に人物とあります
P3315586.JPG

作者共箱
P3315587.JPG

じゅんさいとはスイレン科の多年草で、ゼラチン状のぬめりで覆われた若芽の部分を食します
P3315580.JPG

於 白沙山荘とあります
居宅などが出来上がるまえの白沙山荘内の池で、じゅんさい採りをしている図と思われます
P3315582.JPG

白沙村荘は日本画家、橋本関雪が自身の制作を行うアトリエとして造営した邸宅です。10000平方メートルの敷地内には大正〜昭和初期に建築された居宅、日本画の制作を行っていた3つの画室、茶室、持仏堂などの建造物が散在しており、国の名勝に指定されている池泉回遊式庭園は7400平方メートルにおよび、平安から鎌倉時代にかけての石像美術品が多く置かれています。庭園そして建造物の設計も橋本関雪の手によるもので、彼の美意識が随所に反映された庭屋の調和した景観そのものが白沙村荘の大きな見どころとなります。

P3315583.JPG

じゅんさい摘みは5月頃から8月頃まで行われますので、その時期の待合掛けに適します

P3315579.JPG

巾66僉 ‐罍隠械賢

 
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

茶道具 久田宗匠 一行書 祥雲麗碧空

2015年1月15日(木)

久田尋牛斎宗匠筆 富士エサン 祥雲麗碧空 
一行書が入りました
P1155104.JPG


P1155106.JPG

祥雲麗碧空 しょううん へきくう うららかなり
P1155107.JPG

春芳堂表具
P1155108.JPG

作者共箱
自筆冨士エサン 祥雲 平成五癸酉正月 くじ当り
P1155109.JPG

富嶽の上、真っ青な空に目出度い吉兆の雲が麗らかに
浮かんでいる様子を思いうかべて下さい
P1155104.JPG

茶道具 小西康 WEBSHOP
 
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

東大寺 清水公照 大道無門 ビルマ仏

5月10日(土)

東大寺 清水公照染筆 大道無門
ビルマ仏の扁額が入りました

P5073689.JPG

清水公照 しみず-こうしょう
 
1911−1999 昭和-平成時代の僧。
明治44年1月3日生まれ。16歳で東大寺宝厳院にはいり,竜谷大卒業後天竜寺で禅をまなぶ。
宝厳院住職となり,昭和49年東大寺別当,50年華厳(けごん)宗管長。
P5073690.JPG

55年大仏殿の昭和大修理落慶法要をもよおした。
独特の味わいのある書画、陶芸で知られる。「今良寛」の異名がある。
平成11年5月6日死去。88歳。
兵庫県出身。著作に「華厳経入門」,画文集に「花ぼとけ」など。
P5073691.JPG


ミャンマー バガン
カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールとともに、世界三大仏教遺跡のひとつと称されており、イラワジ川中流域の東岸の平野部一帯に、大小さまざまな仏教遺跡が林立している。バガンとは広くこの遺跡群の存在する地域を指し、ミャンマー屈指の仏教聖地である。
P5073693.JPG
おそらく公照師がバガンに行かれ、入手された仏を桐木地の額に嵌め込んだものと思われます

P5073692.JPG

P5073694.JPG

巾21.2僉  々癸械悪
P5073689.JPG

価格は6万円です

他にも色々と商品を取り揃えております↓
茶道具 小西康 WEBSHOP

お問い合わせはお電話でもお受けしております 
茶道具小西康 075-414-0527

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

12月28日 即中斎宗匠 短冊 「似 星」

12月28日(土)

即中斎宗匠自画賛 短冊 「似 星」が入りました

PC262960.JPG

この詩は菅原道真が十一歳で詠んだものです。
菅原道真の漢詩、【月夜見梅花】(げつやにばいかをみる)

月耀如晴雪(げつようせいせつのごとく)
梅花似照星(ばいかしょうせいににたり)
可憐金鏡転(あわれむべしきんきょうてんじて)
庭上玉房馨(ていじょうにぎょくぼうのかおれるを)

(意訳)かがやく月は、晴れた日の雪のようだ。
    花咲く梅は照らされる星に似ている。
    愛おしいなぁ、金の鏡のような月光が転じて、
    庭の玉のような花房を香らせているのは。

PC262961.JPG

梅花似照星
梅花を画で表しています
PC262962.JPG

PC262960.JPG

微かにしみがありますが、使用に問題御座いません

価格は8万円です

他にも色々と商品を取り揃えております↓
茶道具 小西康 WEBSHOP

お問い合わせはお電話でもお受けしております 
茶道具小西康 075-414-0527

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

12月28日 即中斎宗匠 短冊 「鶯」

12月28日(土)

即中斎宗匠自画賛 短冊 「鶯」が入りました

PC262939.JPG
紅唐紙の短冊に書かれています
PC262940.JPG

即中斎の画で梅の花と蕾が描かれています
PC262941.JPG

PC262939.JPG

表具の彩傳堂さんで裏打ちをし、しっかりさせました



他にも色々と商品を取り揃えております↓
茶道具 小西康 WEBSHOP

お問い合わせはお電話でもお受けしております 
茶道具小西康 075-414-0527

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

林文塘 兜

4月11日(木)

林文塘筆 兜画 絹本一行が入りました



林文塘 
日本画家。京都生。名は光三郎。前川文嶺・山元春挙に学び、山水画を得意とする。文展入選後、井口華秋・池田桂仙らと反帝展の自由な制作をめざして日本自由画壇を結成した。中国に数回遊ぶ。昭和41年(1966)歿、84才


うぶ表装で所々に薄いシミがでています

兜の色使いや詳細な筆遣いはさすがです





共箱がだいぶ汚れています 







総縦2メートルと少し長いのでご注意ください

価格は7万円です

林文塘 兜のご購入は↓
茶道具 小西康 WEBSHOP

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

大亀和尚 瓢自画賛 横幅

2月17日

立花大亀自画賛 横幅が入りました
瓢の絵に詩が添えてあります



大綱和尚の瓢自画賛(うかうかと暮らすようでも瓢箪の胸のあたりに締め括りあり)を写した幅です

「大綱宗彦(だいこう そうげん). 臨済宗の僧。大徳寺435世。大徳寺塔頭黄梅院第14世 住職。安永元年(1772)〜安政7年(1860)。」

(うかうか)を(ふらふら)に変えています


瓢の絵がなんとも趣があります



立花大亀(1899‐2005)
明治32年12月22日、大阪堺市生まれ
大正10年 南宗寺にて得度
昭和 6年 大徳寺塔頭・徳禅寺住職
昭和28年〜34年大徳寺派宗務総長
昭和38年 最高顧問・管長代務
昭和48年 大徳寺内に如意庵を復興
昭和57年〜61年花園大学長
平成17年8月25日死去。105歳
大徳寺511世住持


90歳位の書と思われますが、力強く、箱書きもしっかりと
書かれています



大亀和尚共箱
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ