<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

戌香合を二点ご案内します

2018年3月26日(月)

 

一点目は中村翠嵐造 交趾干支 戌香合です。

 

DSC_1112.JPG

 

白の交趾で光沢があります。

DSC_1113.JPG

 

中村 翠嵐
2代 中村翠嵐(なかむらすいらん)-1942年(昭和17年)〜、京都生まれ。 陶磁器上絵付業を営む家に生まれ、高校卒業より父初代翠嵐に師事して、1972年(昭和49年)二代翠嵐を襲名。 交趾焼の技術の上に他の要素を加えた茶陶としての交趾作品を一貫したテーマとした茶陶家。

 

DSC_1114.JPG

 

 

DSC_1115.JPG

 

作者共箱。

DSC_1116.JPG

 

径6,3×4,2センチ   高4,5センチ

DSC_1112.JPG

 

価格は12,000円です。

 

 

 

二点目は手塚充造 仁清写 戌香合です。

 

DSC_1104.JPG

 

綺麗な毬に被さる可愛らしい犬です。

 

DSC_1105.JPG

 

 

DSC_1106.JPG

 

花蝶窯 手塚石雲 (かちょうがま てづかせきうん)
本名 手塚 充 (てづか みつる)
1942年 京都市生まれ
 父 手塚 玉堂に師事し陶芸を学ぶ
1972年 京都山科に勧修寺窯を開窯
2001年 大徳寺管長高田明浦老師より 窯名・花蝶窯、陶名・石雲を拝命する。

 

DSC_1109.JPG

 

作者共箱。

DSC_1111.JPG

 

径5,8センチ   高6センチ

DSC_1108.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

香合三点のご案内

2018年3月25日(日)

 

まず1点目は、大樋焼 飴釉薬 桐香合。

 

DSC_1127.JPG

 

表千家に伝来する踊桐の香合を写しています。

 

紙箱入り。

DSC_1126.JPG

 

大樋印と陶玄斎の印。

DSC_1129.JPG

 

大樋陶玄斎(長楽)の作です。

DSC_1130.JPG

 

径8,2センチ×6センチ  高2,5センチ

DSC_1127.JPG

 

 

 

 

 

 

2点目は桑木地 宝珠香合。

 

DSC_1135.JPG

 

唐物写しで、独楽塗にしています。

DSC_1133.JPG

 

内も桑に摺り漆を施しています。

DSC_1134.JPG

 

木箱入り、作者は哲也とあります。

DSC_1131.JPG

 

径5,4センチ   高4,3センチ

DSC_1132.JPG

 

価格は9,000円です。

 

 

 

3点目はケヤキ木地丸香合。肩は面を取って糸目にしています。

上部は摺り漆、サイドは溜塗です。

 

DSC_1138.JPG

 

蓋裏に、色漆で払子の絵があります。

DSC_1139.JPG

 

内も底も綺麗な溜塗です。

DSC_1141.JPG

 

紙箱入り。

DSC_1137.JPG

 

加賀塗師 泉斎の作。

DSC_1136.JPG

 

径7,2センチ   高1,7センチ

DSC_1140.JPG



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

平安 伊藤表正 青貝 花鳥香合

2018年3月24日(土)

 

伊藤表正造 青貝 花鳥香合を入手しました。

 

唐物写しで一文字の形です。牡丹の花を螺鈿で大きく描いています。

 

DSC_1099.JPG

 

内は朱。

DSC_1101.JPG

 

合い口の上下にも細かな仕事を施しています。

DSC_1100.JPG

 

伊藤表正
1935年11月 京都 伏見生まれ
1955 初代 田中表阿弥 二代目 田原表阿弥に師事
1975 師より表正を受ける
以降、個展、展示会多数開催

DSC_1102.JPG

 

作者共箱。

DSC_1103.JPG

 

径7,8センチ   高2,5センチ

DSC_1099.JPG

 



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

樂惺入 猿香合

2018年3月22日(木)

 

樂惺入 猿香合を入手しました。

 

赤い顔が可愛らしい。

DSC_1156.JPG

 

十三代 惺入(明治20年(1887年) - 昭和19年(1944年))
十二代長男。釉薬、技法の研究を歴代中最も熱心に行い、また、樂家家伝の研究を行う。昭和10年(1935年) - 昭和17年(1942年)にそれらの研究結果を『茶道せゝらぎ』という雑誌を刊行し発表。しかし晩年に太平洋戦争が勃発、跡継ぎである長男も応召、研究も作陶も物資不足の中困難となり、閉塞する中没した。

 

DSC_1157.JPG

 

 

DSC_1158.JPG

 

顔や手足もよく出来ています。

DSC_1162.JPG

 

 

DSC_1163.JPG

 

お香の跡が黒ずんでいます。

DSC_1159.JPG

 

 

惺入の印。

DSC_1161.JPG

 

木箱入り、共箱にはなっていません。

DSC_1155.JPG

 

径4,5センチ   高6センチ

DSC_1156.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

十一代 坂高麗左衛門 仁清写 萩香合

2018年3月14日(水)

 

十一代 坂高麗左衛門造 仁清写 萩香合が入りました。

 

萩香合とありますが、信楽の土と釉薬の作品です。

 

野々村仁清の作品は色絵の作品がよく取り上げられていますが。実際は国焼写しの作品を多く残しています。

 

DSC_1040.JPG

 

十一代坂高麗左衛門  明治45年 1912-昭和56年 1981
十代坂高麗左衛門の養子。
豊臣秀吉の朝鮮出兵に伴い、当時の中国一帯を治めていた毛利輝元が朝鮮より帰国する際に連れ帰った陶工ではじめ坂田を名乗っていたが後に坂に改姓、輝元が萩に移封後、二代萩藩主毛利綱広候より高麗左衛門を拝領し現在まで続く坂高麗左衛門の十一代目。
号を韓峯。十一代高麗左衛門は1975年に山口県重要無形文化財に認定されている。

 

DSC_1041.JPG

 

 

DSC_1042.JPG

 

野々村仁清
江戸前期の陶工。丹波生。名は清右衛門、通称清兵衛。金森宗和の指導を得て優雅な色絵陶や、仁清釉と称される茶器類を残す。寛永頃を中心に活躍し、万治年間(1658〜1661)に歿。

DSC_1043.JPG

 

萩香合 仁清写とあります。

DSC_1038.JPG

 

作者共箱。

DSC_1039.JPG

 

5,2センチ四方   高4,4センチ

DSC_1040.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

五代清水六兵衛 猪 香合

2018年3月10日(土)

 

五代清水六兵衛造 猪香合を入手しました。

 

DSC_1044.JPG

 

五代清水六兵衛

1875−1959 明治-昭和時代の陶芸家。
明治8年3月6日生まれ。4代清水六兵衛の長男。大正2年家業の京都清水焼をつぐ。釉薬(ゆうやく)の化学的研究にうちこみ 洋画家浅井忠らとあたらしい意匠を開発するなど 京焼の近代化につくす。芸術院会員。昭和34年8月1日死去。84歳。幼名は栗太郎。号は祥嶺のち六和。

 

DSC_1045.JPG

 

六和さんで知られる 歴代の中でも名工の誉れ高い五代の作品です。

 

DSC_1046.JPG

 

造形や釉薬ともによく出来ています。

 

DSC_1047.JPG

 

 

DSC_1048.JPG

 

作者共箱。

DSC_1049.JPG

 

径8,2×2,9センチ   高3,0センチ

DSC_1044.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

川崎和楽 犬香合

2018年3月6日(火)

 

京の楽焼作家、川崎和楽造 犬香合が入りました。

 

DSC_0865.jpg

 

2匹の犬がじゃれ合っている珍しい形です。

DSC_0866.jpg

 

可愛らしく、ほのぼのさを感じます。

 

DSC_0867.jpg

 

川嵜和楽(川崎和楽)は江戸時代後期・文政年間に創業した老舗の窯元です。 初代短冊屋七左衛門が始めた楽焼を、以後約二百年にわたり「楽焼の短冊屋」としてその伝統を守ってきました。 大正7年に元帥であった東郷平八郎より直筆で「和楽」の号を受け、その後「和楽」の屋号にて茶道に適する楽焼の窯元として現在に至っています。
現在の当主、七代和楽は、新しい感覚の茶道具、茶会食器を作るよう心がけておられます。

 

DSC_0868.jpg

 

 

DSC_0869.jpg

 

作者共箱。

DSC_0870.jpg

 

径5,8センチ   高5,5センチ

DSC_0865.jpg

 

 

 

 

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

十二代田原陶兵衛 萩 糸巻香合

2018年3月4日(日)

 

十二代田原陶兵衛造 萩焼 糸巻香合がはいりました。

 

DSC_0844.jpg

 

萩焼は土の風合いを生かした素朴な作風のものが多く、土の配合、釉薬の掛け具合、ヘラ目、刷毛目などに、焼成の際の炎による偶然の効果などが加わり、独特の味が生み出されます。

 

DSC_0845.jpg

 

色彩は大道土の色を生かした肌色から枇杷色、見島土の色を生かした褐色や灰青色、藁灰釉による白色など、比較的限られた色が主流です。

 

DSC_0846.jpg

 

十二代 田原陶兵衛

1925年 山口県長門市に生まれる。
1944年 旧制山口高等学校在学中に召集を受けて満州に渡る。
1945年 シベリアに抑留される。
1948年 抑留先のシベリアから復員後、長兄11代田原陶兵衛に後継者不在の為家業を継承。
1956年 12代田原陶兵衛を襲名。
1972年 日本工芸会正会員。
1981年 山口県の無形文化財保持者に認定。
1991年9月27日没。66歳没

 

DSC_0847.jpg

 

作者共箱。

DSC_0843.jpg

 

径5,8センチ   高3,8センチ

DSC_0844.jpg

 

価格は16,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

内島北郎 ふきのとう香合

2018年3月3日(土)

 

内島北郎造 ふきのとう香合が入りました。

 

DSC_0849.jpg

 

造形がしっかりして、釉薬の色も綺麗です。

DSC_0850.jpg

 

内島 北朗 (ウチジマ ホクロウ)
陶芸家、昭和期の俳人
陶芸家としても活躍し、帝展にも3回入選した。

生年 明治26(1893)年8月1日  没年 昭和53(1978)年3月28日  出生地 富山県高岡市 本名 内島 喜太郎  主な受賞名 層雲文化賞〔昭和29年〕 経歴 明治43年「日本俳句」に拠って河東碧梧桐、筏井竹の門に学び、大正3年荻原井泉水の「層雲」に参加し、自由律の俳人となる。のち「層雲」作家として指導的地位を確立し、井泉水没後、「層雲」発行人となる。昭和3年句文集「壺屋草紙」を刊行。

DSC_0851.jpg

 

富貴登 香合とあります。

DSC_0848.jpg

 

作者共箱。

DSC_0852.jpg

 

径5,2センチ  高6センチ

DSC_0849.jpg

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

琉球産 ガジマル香合 尋牛斎

2018年2月14日(水)

 

琉球産 ガジマル香合が入りました。

 

DSC_0892.JPG

 

ガジマル(ガジュマル)

ガジュマルの名は、沖縄の地方名だが、由来は不明。「絡まる(からまる)」の他、一部には『風を守る』⇒『かぜまもる』⇒『ガジュマル』となったという説がある。

クワ科の常緑高木。東アジアの熱帯に分布。日本では屋久島・沖縄に産する。よく枝を広げて茂り、枝や幹から多数の気根を下ろす。葉は深緑色でゴムノキの葉に似る。果実はイチジクに似、赤熟する。観葉植物とされる。ガジマル。榕樹。

 

DSC_0893.JPG

 

拭き漆が施されています。

DSC_0894.JPG

 

炭手前に使いやすい大きさ 形です。沖縄の先生にお勧めいたします。

 

DSC_0895.JPG

 

尋牛斎宗匠のお花押。

DSC_0896.JPG

 

作はなく共箱にはなっていません。

DSC_0890.JPG

 

尋牛斎宗匠のお箱書き。

DSC_0891.JPG

 

径7,7センチ   高3,0センチ

DSC_0897.JPG

 

価格は40,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ