<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

高取水指 即中斎

2017年3月31日(金)

 

高取水指、即中斎宗匠御書付を入手しました。

 

袋形で薄造りの作域。

DSC_0677 (2).JPG

 

明治から大正期の作品、作者名の記載はございませんが、そうとう手慣れた作者です。

 

DSC_0681 (2).JPG

 

お目出度の席では、砂金袋に見立てても良いでしょう。

 

DSC_0679 (2).JPG

 

美しい高取の釉薬が流れています。

DSC_0678 (2).JPG

 

高取焼は元々、福岡県直方市にある鷹取山の麓にて焼かれており、

朝鮮出兵の際に黒田長政が陶工、八山(日本名・八蔵重貞)を連れ帰って焼かせたのが始まり。

開窯は1600年と言われている。

江戸時代には黒田藩の御用窯として繁栄、元和年間には唐津からの陶工を招き、技術を向上させている。

 

そして寛永年間に入ると、2代藩主黒田忠之は小堀政一(遠州)と交流を深め、遠州好みの茶器を多く焼かせた。それが縁で、遠州七窯の一つに数えられ、茶陶産地として名を高めることとなった。この頃の中心は白旗山窯で、遠州好みの瀟洒な茶器は「遠州高取」と呼ばれた。

 

約100年前の土味。

DSC_0682 (2).JPG

 

即中斎宗匠のお箱書き。

 

DSC_0683 (2).JPG

 

DSC_0684 (2).JPG

 

径18センチ   癸隠供ぃ轡札鵐繊  ̄燭咾簔にも良く合います。

 

DSC_0677 (2).JPG

 

価格は25万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

膳所焼 岩崎新定 箪瓢水指

2017年3月14日(火)

 

膳所焼 岩崎新定造 箪瓢水指が入りました。

 

DSC_0629 (2).JPG

 

瓢箪を逆さにした箪瓢の形、全体に糸目を入れています。

 

DSC_0630 (2).JPG

 

茶褐色の膳所釉の濃淡が美しい。

 

DSC_0631 (2).JPG

 

正面の薄茶の釉薬はたっぷりと掛かっています。

 

DSC_0632 (2).JPG

 

全体に綺麗な状態です。

 

DSC_0633 (2).JPG

 

径19,3センチ   高14,8センチ

 

DSC_0629 (2).JPG

 

作者共箱。

 

価格は30,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

真葛焼 宮川香斎 浅黄交趾 楓に波一重口水指

2016年8月27日(土)

 

真葛焼 宮川香斎造 浅黄交趾

楓に波一重口水指を入手しました。

 

DSC_0923.JPG

 

浅黄色に金の楓が美しい。

DSC_0924.JPG

 

黒真塗の一重口の蓋は片木目にしています。

DSC_0925.JPG

 

五代 治平 香斎

本名三重喜。杉本庄太郎の長男として東京浅草に生まれる。東京大空襲にて両親が戦災死し、昭和20年(1945)復員し遠縁でもあった四代永誉香齋長女の美津と結婚し宮川家にはいる。京都国立陶器試験場伝習生を経て義父永誉香齋のもとで陶芸活動にはいる。

昭和21年(1946)茶の湯を表千家半床庵久田無適斎宗匠に入門し、昭和47年(1972)、五代香齋を襲名する。4代永誉香齋に引き続き茶の湯の道具を中心に制作し、表千家十三代即中斎宗匠、十四代而妙斎宗匠、裏千家十四代鵬雲斎宗匠、武者小路千家十三代有隣斎宗匠、十四代不徹宗匠斎宗匠、表千家久田尋牛宗匠(1925〜2010)より、数多くの作品を好み物にして頂き、また御箱書を頂く。

 

DSC_0926.JPG

 

作者共箱。

DSC_0922.JPG

 

径15,6センチ  高14,8センチ

DSC_0923.JPG

 

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

染付平水指

2016年7月26日(火)

 

染付平水指が入りました。

 

DSC_0825.JPG

 

黒真塗の割蓋が添っています。

 

DSC_0826.JPG

 

巌と波の絵が施されています。

DSC_0828.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

 

洞華苑造 染付平水指。

 

作者の詳しい作歴は判りません。

DSC_0829.JPG

 

径27センチ   高11,7センチ

 

DSC_0825.JPG

 

内、底にも波の絵がございます。

DSC_0827.JPG

 

 

 

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

宇田佐平 瀬戸一重口 水指

2016年7月21日(木)

 

宇田佐平造 瀬戸一重口 水指が入りました。

 

DSC_0800.JPG

 

DSC_0801.JPG

 

作者共箱。

 

DSC_0802.JPG

 

上釉薬を何重にも掛け、轆轤目がきいています。

 

径15センチ   高14センチ

DSC_0800.JPG

 

 

 

 

 

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

加藤芳右衛門 絵志野水指 久田尋牛斎

2016年4月30日(土)

加藤芳右衛門造 絵志野水指が入りました。

久田尋牛斎宗匠のお箱書き。

DSC_1121.JPG
口に蓋受けの段をもつ矢筈口水指は、志野を代表する茶陶の形です。全体は桶の形を写し、耳を付け箆目を加えることで、重厚な姿にしています。
DSC_1122.JPG
胴の一面には花3株を、もう1面には茶室のようなものを描かれていて、伸びやかな筆使いによって、志野独特の味わいを見せています。
DSC_1123.JPG
鉄絵具は黒褐色から紅色まで変化を見せ、長石釉が薄いところでは華やかに火色がでて景色になっています。
DSC_1124.JPG

底にも火色がでて糸切と共に景色となっています。
DSC_1125.JPG

DSC_1126.JPG

久田尋牛斎宗匠のお箱書き。
DSC_1127.JPG

作者共箱。
DSC_1128.JPG

径16センチ  高17,5センチ
DSC_1121.JPG

価格は135,000円です。

お買い求めはこちらから↓
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

道光年製 染付菱馬水指

2016年1月23日(土)

道光年製 染付菱馬水指が入りました。

日本の茶人の注文を受け中国華南の民窯で焼成された水指です。

DSC_0960.JPG

官窯には見られない大らかさや、余白を引き立てている省略された絵付けが日本の茶人に喜ばれ、江戸時代前期から盛んに注文されました。小堀遠州の好みの多くから菱形の意匠がみられる事から、遠州の好みとも考えられています。

DSC_0961.JPG

菱形の両辺の隅を落とした形をしており、正面には団扇形、この中に二匹の馬が描かれています。

DSC_0962.JPG

背面にはやはり団扇に一匹の馬の絵。
お祭りに因んだ茶会や、神社での茶会に良く合います。
DSC_0963.JPG

道光年製
清の宣宗の治世中に使われた元号。1821年 - 1850年。
DSC_0964.JPG

約190年前 江戸時代末期の作品です。
DSC_0965.JPG

塗蓋は塗むらや当り傷が若干みられます。
DSC_0966.JPG

木箱付。
DSC_0967.JPG

径19,5センチ×16,7センチ   高16,0センチ
DSC_0960.JPG

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小西康 WEBSHOP
茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

中村東洸 乾山写 松絵水指

2016年1月11日(月、

中村東洸造 乾山写 松絵水指が入りました。

DSC_0600.JPG

小振りの一重口の形、真塗の蓋も綺麗です。
DSC_0601.JPG

小棚に合う寸法です。
DSC_0602.JPG

六世 粟生屋 中村東洸 (ろくせい あおや なかむらとうこう)
1798年
初代粟生屋源兵衛 加賀前田藩の命により焼物を研究。
1822年
二代源右衛門復興九谷を製作。
1863年
金澤に居を移し御庭焼を製作。
1868年
廃藩置県により京都に居を移す。
1976年
六代東洸襲名。
1986年
京都眦膕阿砲董崕洩晶充年記念展」開催
1990年
横浜眦膕阿砲董崔翅偲贖展」開催
1995年
京都大徳寺「瑞峯院」にて茶陶展開催
1997年
東京日本橋三越にて「中村東洸展」開催
1998年
京都伝統陶芸家協会理事に推挙さる。
1999年
横浜眦膕阿砲峠洩焼鷭充年記念「中村東洸茶陶展」開催
2002年
「乾山写不二図茶盌」沼津御用邸に献上
京都眦膕阿砲董崔翅偲贖展」開催
2004年
岐阜眦膕阿砲董崔翅偲贖茶陶展」開催

DSC_0603.JPG

作者共箱。
DSC_0604.JPG

径14,0センチ   高13,3センチ
DSC_0600.JPG

価格は2万2千円です。

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小西康 WEBSHOP
茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

中村翆嵐 砂金袋 黄交趾水指

2016年1月10日(日)

中村翆嵐造 砂金袋 黄交趾水指が入りました。

DSC_0585.JPG

交趾焼写しの名工、翠嵐の仕事は斑のところが無く釉薬が均一で綺麗です。
DSC_0586.JPG

宝尽くしの絵付け、いっちんの技法も切れ目がなく丁寧にされています。
DSC_0587.JPG

内、蓋裏は白です。
DSC_0588.JPG

中村翠嵐(なかむらすいらん)
1942年(昭和17年)〜、京都生まれ。
陶磁器上絵付業を営む家に生まれ、高校卒業より父初代翠嵐に師事して、1972年(昭和49年)二代翠嵐を襲名。 交趾焼の技術の上に他の要素を加えた茶陶としての交趾作品を一貫したテーマとした茶陶家。
DSC_0589.JPG

径24センチ   高12,5センチ
DSC_0586.JPG

作者共箱。

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小西康 WEBSHOP
茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

茶道具 葉蓋水指

2015年7月6日(月)

本日は季節の塗のお道具を特別価格にて2点ご案内いたします。

先ず一点目は
葉蓋水指です。

DSC_4430.JPG
葉蓋水指
葉蓋の扱いは水指の蓋の替わりに木の葉を蓋とするもので、この扱いは十一世家元玄々斎の創案によるものです。
ある年の七夕の趣向の茶会に、自分好みの末廣籠の花入の受け筒に、梶の葉を蓋にして水指に使用したのが始まりになっています。

末廣籠の受け筒というのは、黒塗りの桧の曲に、切箔を散らしたものです。
DSC_4432.JPG

葉蓋の扱いは薄茶だけのものです。
DSC_4433.JPG

径13,5センチ  高18,7センチ
DSC_4431.JPG

特別価格は1万5千円です
茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小西康 WEBSHOP
茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ