<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

保庭楽入 十牛図 数茶碗

2020年4が圧24日(金)

 

信楽の陶芸家、保庭楽入造の 数茶碗十客を入手しました。

 

呉須染付、十牛図の御茶碗です。

十牛図(じゅうぎゅうず)は、悟りにいたる十の段階を十枚の図と詩で表したもの。

 

DSC_2061.JPG

 

「真の自己」が牛の姿で表されているため十牛図といい、真の自己を求める自己は牧人の姿で表されている。

十牛禅図(じゅうぎゅうぜんず)や牧牛図ともいう。作者は、中国北宋時代の臨済宗楊岐派の禅僧・廓庵(かくあん)。
 廓庵以降、十牛図は世の中に広まっていたとみられるが、十牛図の作例はそれほど多くないとされる。

 

DSC_2062.JPG

入てん垂手(にってんすいしゅ)

 

DSC_2063.JPG

尋牛(じんぎゅう)

 

DSC_2064.JPG

得牛(とくぎゅう)

 

DSC_2065.JPG

忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)

 

DSC_2066.JPG

見牛(けんぎゅう)

 

DSC_2067.JPG

見跡(けんぜき/けんせき)

 

DSC_2068.JPG

騎牛帰家(きぎゅうきか)

 

DSC_2069.JPG

返本還源(へんぽんかんげん/へんぽんげんげん)

 

DSC_2070.JPG

牧牛(ぼくぎゅう)

 

DSC_2071.JPG

人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう)

 

DSC_2072.JPG

 

よく知られている作例としては室町時代前期の禅僧の絶海中津が描いた十牛図(相国寺蔵)、室町時代中期の画僧の周文が描いたと伝えられる十牛図(相国寺蔵)がある。

 

DSC_2073.JPG

 

数茶碗に頃合の大きさです。形も重ねやすく、使いやすそうです。

 

DSC_2074.JPG

 

 

DSC_2075.JPG

 

 

DSC_2076.JPG

 

作者共箱。(二代楽入の作、現在は三代目)

DSC_2077.JPG

 

 

径12,4センチ   高7,0センチ

DSC_2068.JPG

 

 

 

 

 

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

真葛焼 宮川香斎 檜扇絵茶碗 而妙斎宗員書き

2020年4月23日(木)

 

真葛焼 宮川香斎造 桧扇絵茶碗を入手しました。

 

桧扇(ひおうぎ)とは、宮中で用いられた木製の扇のこと。

 

DSC_2050.JPG

 

而妙斎宗匠の若宗匠時代、宗員のときの御箱書がございます。銘「千歳」

DSC_2041.JPG

 

松竹梅の絵を桧扇の三面に描いています。

DSC_2043.JPG

 

 

DSC_2044.JPG

 

手の込んだ豪華な意匠です。

DSC_2048.JPG

 

 

DSC_2045.JPG

 

 

DSC_2047.JPG

 

綺麗な状態です。

DSC_2046.JPG

 

 

DSC_2049.JPG

 

五代宮川香斎(2代 真葛香斎) 1922(大正11)年生、東京に生まれる 号、香斎・治平


1946(昭和21)年、4代宮川香斎(初代真葛香斎)の長女と結婚して宮川家に入籍する

 

1972(昭和47)年、5代宮川香斎(2代真葛香斎)を襲名表千家13代即中斎宗左より「真葛」の印を授かる。


2002(平成14)年、養子・和男に家督を譲って隠居し、「治平」を名乗る

 

久田家11代無適斎宗也の逝去後は12代尋牛斎宗也に指導を仰いで茶陶を制作する。

 

 

DSC_2039.JPG

 

作者共箱。

DSC_2040.JPG

 

径12,5センチ   高7,9センチ

DSC_2050.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

白井半七 乾山写 桜茶碗

2020年3月10日(火)

 

九代白井半七造 乾山写 桜茶碗を入手しました。

 

DSC_1761.JPG

 

九代 白井半七(1928〜1987)
白井半七は江戸・今戸焼を代表する陶家。 父8世半七の作風を受け継いで乾山写を得意として特に絵付技術に秀でた。
1980年に兵庫県宝塚から三田に移窯、8世9世ともに料亭「本吉兆」と親交を深めており、茶道具や会席の器など「吉兆好」の作品をよく残した。
趣味人でもあり書画にも秀でた。

 

DSC_1764.JPG

 

色絵、鉄絵、金で内外に目一杯描いています。

 

DSC_1762.JPG

 

まさに 頭上漫々脚下漫々です。

 

DSC_1763.JPG

 

 

DSC_1765.JPG

 

 

DSC_1766.JPG

 

手に取ると白釉薬を盛って描いているのがわかります。

DSC_1767.JPG

 

大変手間のかかる仕事です。

DSC_1770.JPG

 

作者共箱。

DSC_1771.JPG

 

少し大振りの茶碗です。

径13,7センチ   高7,8センチ

DSC_1761.JPG

 

価格は18万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

永楽善五郎 即全 乾山写 南天茶碗

2020年3月2日(月)

 

永楽善五郎 即全造 乾山写 南天絵茶碗を入手しました。

 

DSC_1559.JPG

 

鉄絵と色絵で描いています。

DSC_1560.JPG

 

箆目をきかし、刷毛目を施しています。

DSC_1562.JPG

 

朱の(御本)もでています。

DSC_1561.JPG

 

 

DSC_1563.JPG

 

綺麗な状態です。

DSC_1564.JPG

 

 

DSC_1565.JPG

 

作者共箱。

DSC_1566.JPG

 

径11,3センチ   高8,2センチ

DSC_1559.JPG

 

価格は85,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

永楽善五郎 即全 仁清写 寿獅子茶碗

2020年2月23日(日)

 

永楽善五郎 即全造 仁清写 寿獅子茶碗を入手しました。

 

DSC_1512.JPG

 

獅子舞の半纏(はんてん)の文様から図案化した絵付けを施しています。

 

hanten_33[1].jpg

 

 

000000008236[1].gif

 

 

寿獅子「ことぶきじし」
獅子舞は、推古天皇の時代に百済より伝わった伎楽の中にあり歴史は古いようです。それが日本の各地にいろいろな形で伝わり発展伝承していったといわれています。
江戸の獅子舞は、江戸祭囃子にのせて、一人が一頭の獅子頭(ししがしら)・半纏(はんてん)を纏う一人立ちで演じられ、江戸前ならではのキビキビとした躍動感あふれる動きで舞が奉じられる。

 

DSC_1511.JPG

 

寿獅子の場合、特にお目出度い席などでは、金色に塗られた獅子頭を用いる場合もあるようです。そのほか、大黒様が福を授ける大黒舞(だいこくまい)や、おかめ・ひょっとこなどが脇を固めて、賑やかに祝いの場を演出するケースもみられます。

 

DSC_1513.JPG

 

 

 

DSC_1516.JPG

 

 

DSC_1514.JPG

 

内外、綺麗な状態です。

 

DSC_1515.JPG

 

 

DSC_1495.JPG

 

作者共箱。箱にシミが出ています。

DSC_1496.JPG

 

径12,3センチ   高7,6センチ

DSC_1511.JPG

 

価格は60,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

永楽善五郎 即全 乾山写 雪だるま茶碗

2020年2月20日(水)

 

永楽善五郎 即全造 乾山写 雪だるま茶碗を入手しました。

 

大小、親子の雪だるまを描いています。

DSC_1523.JPG

 

鉄絵と金、白釉で雪笹を描いています。

DSC_1524.JPG

 

 

DSC_1525.JPG

 

 

DSC_1526.JPG

 

 

内外に白釉で勢いのある雪を散らしています。

DSC_1527.JPG

 

高台も綺麗な状態です。

DSC_1528.JPG

 

 

DSC_1529.JPG

 

 

DSC_1530.JPG

 

 

DSC_1497.JPG

 

作者共箱。

DSC_1498.JPG

 

径11.5センチ   高8,7センチ

DSC_1523.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

永楽善五郎 即全 坂の絵 御本茶碗 鵬雲斎宗匠

2020年2月18日(火)

 

永楽善五郎 即全造 坂の絵 御本茶碗を入手しました。

 

「坂」は昭和51年 歌会始のお題です。

天皇陛下(昭和天皇)のお歌・この年の御製は
「ほのぐらき林の中の坂の道のぼりつくせばひろきダム見ゆ」

 

DSC_0076.JPG

木立を数か所描き、白の釉薬の線描きで「坂」をあらわしています。

 

 

鵬雲斎宗匠の御箱書。

DSC_0075.JPG

 

正面を少し笑窪に凹ませています。

DSC_0077.JPG

 

本体は高麗御本茶碗を写した出来のいい茶碗です。

DSC_0078.JPG

 

使い手の思いで色々とご使用いただけます。

木立に雪道を想像すれば冬に、夏木立を思い浮かべれば夏につかえます。

 

DSC_0079.JPG

 

見込みにもいわゆる「御本」が出ています。

DSC_0080.JPG

 

綺麗な状態です。

DSC_0081.JPG

 

 

DSC_0073.JPG

 

作者共箱。

DSC_0074.JPG

 

径12,2センチ   高8,4センチ

DSC_0076.JPG

 

価格は60,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

江戸時代 萩茶碗 即中斎

2020年2月8日(土)

 

萩茶碗を入手しました。

 

約200年から250年前、江戸時代後期の作品です。

 

DSC_0941.JPG

 

石爆(いしはぜ)の景色も見られます。
石爆とは長石などの石粒が焼成時にはじけて表面に露出したもの。
茶人に古来より珍重され、故意に割れ目をつくり石を挟んだものもあるくらいです。

 

 

即中斎宗匠のお箱書、銘「侘びの友」

DSC_0940.JPG

 

素焼きや乾燥させた土の器に釉薬(ゆうやく)をかけ焼き上げます。
この時、釉薬は土よりも縮み方が大きいため、貫入(かんにゅう)
とよばれるひびが入ります。
萩焼は特徴のある土を使うため、お茶を入れると、この貫入から
時間と共に外に染み出し表情が変わります。このような変化は
「萩の七化け(ななばけ)」と呼ばれています。

 

DSC_0942.JPG

 

雨もり手の景色もでています。

 

雨もり手とは陶器を長年使用しているうち、釉(うわぐすり)のひびわれから

他成分が入り、雨漏りのしみのようなものが現われたもの。

茶碗の見所の一つとして重視される。

DSC_0943.JPG

 

内外、ニュー、割れ、直しなど無く無傷です。

DSC_0944.JPG

 

高台は三か所切り、やや外に広げた形でしっかりとした印象です。

DSC_0945.JPG

 

牡丹唐草緞子の仕服が添っています。

DSC_0939.JPG

 

 

径13,0センチ    高8,4センチ

DSC_0941.JPG

 

価格は40万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

樂弘入 松の絵 赤茶碗 円山伝衣

2020年2月3日(月)

 

樂家十二代 弘入造 松絵赤茶碗を入手しました。

 

DSC_0046.JPG

 

観る角度で景色が違います。

 

DSC_0048.JPG

 

 

DSC_0047.JPG

 

釉薬の濃淡や箆使いで変化をつけています。

 

DSC_0051.JPG

 

 

DSC_0049.JPG

 

無傷で綺麗な状態です。

 

DSC_0050.JPG

 

箱は時代で黒ずんでいます。

DSC_0043.JPG

 

円山伝衣和尚の御箱書、銘「千年翠蓋・せんねんすいがい」

翠蓋 (すいがい)とは
緑色のおおい。また、緑の葉の茂った木の枝のたとえ。

 

DSC_0045.JPG

円山伝衣
臨済宗の僧。大徳寺四百八十八世。姓は円山、道号は全提、諱は要宗、伝衣は室号。四百八十三世広州の法を嗣ぐ。妙心寺派より請じ、六代管長ならびに僧堂師家に就任。大正13年開堂する。昭和15年(1940)寂、70才。

 

作者共箱。

DSC_0044.JPG

 

径12,0センチ   高7,4センチ

DSC_0048.JPG

 

 

こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ

 

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

加藤芳右衛門 志野茶碗 鵬雲斎宗匠

2020年1月30日(木)

 

加藤芳右衛門造 志野茶碗を入手しました。

 

DSC_1406.JPG

 

志野焼は、美濃焼の一種で、美濃(岐阜県)にて安土桃山時代に焼かれた白釉を使った焼物です。

 

DSC_1408.JPG

 

志野は、長石を主な成分とする釉薬をかけた陶器です。鉄で絵を描き、その上から長石釉をかけることによって、日本で初めて焼き物に絵を焼き付けることができるようになりました。

 

DSC_1409.JPG

 

文様のはっきりしているところ、ぼんやりしているところは、釉薬の厚さによって左右されます。

 

DSC_1407.JPG

 

加藤芳右衛門 1932年(昭和7年)〜2009年(平成21年)
岐阜県無形文化財保持者の加藤十右衛門の長男として生まれる。幼い頃より、父、加藤十右衛門に師事する。1958年(昭和33年)室町時代より美濃焼の名陶を多くが生み出した久々利の地に父とともに八坂窯を開く。1974年(昭和49年) 芳右衛門を名乗る。名工である父の技術と八坂窯を受け継ぎ継承した技術に磨きをかけて志野、織部、黄瀬戸の茶陶を中心に作陶する。弟に、加藤光右衛門、加藤弥右衛門がいる。

 

DSC_1410.JPG

 

松葉の窯印。

DSC_1411.JPG

 

 

DSC_1412.JPG

 

鵬雲斎宗匠の御箱書。

DSC_1415.JPG

 

作者共箱。

DSC_1417.JPG

 

径12,5センチ   高8,4センチ

DSC_1406.JPG

 

価格は8万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ