<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

鞍馬口 寿星 「昼」の新メニューご案内

2018年6月6日(水)

 

鞍馬口 寿星に「お昼」のメニュー新登場。

夏の季節メニュー・彩り三輪そうめんセットです。

 

本日のご飯も小盛りでついています。

付け合せには 鶏、とろろ芋、錦糸玉子、海苔、青菜、薬味がつきます。

 

 

三輪そうめん.jpg

 

価格は1,000円(込)でございます。

 

お近くにお越しの折には、是非ご賞味くださいませ。

 

 

 

鞍馬口「寿星」 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

三浦竹軒 波濤絵 茶碗

2018年6月5日(火)

 

三浦竹軒造 波濤絵 茶碗を入手しました。

 

DSC_1742.JPG

 

色絵と金で波と飛沫を描いています。

 

DSC_1743.JPG

 

白い素地も美しい。

 

DSC_1744.JPG

 

見込みには薄く朱色が出ています。

 

DSC_1746.JPG

 

三浦竹軒
陶芸家。明治33年(1900)京都生。初代竹泉の三男。はじめ三代を継いだが、昭和9年別家して竹軒と改号。金襴手を得意とし、仁清、乾山風の華麗な茶道具。花器が中心。政府認定技術保存資格者。京都伝統陶芸家協会員。京都住。

 

作者共箱。

DSC_1755.JPG

 

径11,8センチ   高7センチ

DSC_1742.JPG

 

価格は16,500円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

三浦竹軒 松絵 茶碗

2018年6月4日(月)

 

三浦竹軒造 松絵茶碗が入りました。

 

DSC_1738.JPG

 

絵付け、形、共に尾形乾山を写しています。

 

DSC_1739.JPG

 

高台も大きめで低くし、乾山を写しています。

 

DSC_1740.JPG

 

三浦竹軒

陶芸家。明治33年(1900)京都生。初代竹泉の三男。はじめ三代を継いだが、昭和9年別家して竹軒と改号。金襴手を得意とし、仁清、乾山風の華麗な茶道具。花器が中心。政府認定技術保存資格者。京都伝統陶芸家協会員。京都住。

 

DSC_1741.JPG

 

作者共箱。「模乾山作松図茶碗」とあります。しみが出ています。

 

DSC_1754.JPG

 

径11,2センチ   高7,8センチ

DSC_1738.JPG

 

価格は18,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

伊勢崎満 備前 肩衝茶入

2018年6月1日(金)

 

伊勢崎満造 備前 肩衝茶入を入手しました。

 

DSC_1749.JPG

 

備前焼

釉薬を一切使わず堅く焼締められた赤みの強い味わいや、「窯変」によって生み出される二つとして同じものがない模様が特徴。

「使い込むほどに味が出る」と言われ、派手さはないが飽きがこないのが特色である。

 

DSC_1748.JPG

 

備前焼の魅力である茶褐色の地肌は、「田土(ひよせ)」と呼ばれるたんぼの底(5m以上掘る場合もある)から掘り起こした土と、山土・黒土を混ぜ合わせた鉄分を多く含む土とを焼くことによって現れる。

 

DSC_1750.JPG

 

見る角度で色々な景色が楽しめます。

 

DSC_1751.JPG

 

伊勢崎満 いさざきみつる

昭和9年 岡山県重要無形文化財の細工師であった伊勢崎陽山の
長男として生まれ、父陽山にその陶技を習得する
昭和36年 備前焼中世の古窯(穴窯)を備前で初めて復元する
昭和39年 日本工芸会正会員となる
昭和49年 第6回金重陶陽賞受賞
平成2年 岡山県文化奨励賞受賞
平成12年 岡山日日新聞芸術文化功労賞受賞
平成17年 日本伝統工芸展に伊部焼で初めて茶碗が入選する
平成19年 小形登窯と穴窯を築窯する

 

DSC_1752.JPG

 

 

DSC_1753.JPG

 

仕覆は二つ付いています。

DSC_1747.JPG

 

作者共箱。

DSC_1756.JPG

 

径6センチ   高7,5センチ

DSC_1749.JPG

 



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

九代大樋長左衛門 香炉釉 チキリ蓋置

2018年5月22日(火)

 

九代大樋長左衛門造 香炉釉 チキリ蓋置を入手しました。

 

DSC_1336.JPG

 

白い素地に貫入が美しい。

 

DSC_1337.JPG

 

九代大樋長左衛門
陶芸家。金沢生。昭和9年に大樋焼本家窯元九代目を襲名。中興の祖である五代勘兵衛に匹敵する名工といわれた。日本工芸会正会員。昭和61年(1986)歿、84才

 

DSC_1338.JPG

 

綺麗な状態です。

 

DSC_1339.JPG

 

 

作者共箱。

DSC_1340.JPG

 

 

径4,7センチ   高4,7センチ

DSC_1336.JPG

 

価格は40,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

九代大樋長左衛門 青つくね蓋置

2018年5月21日(月)

 

九代大樋長左衛門造 つくね蓋置が入りました。

 

DSC_1357.JPG

 

棚を選ばない使いやすい蓋置です。

DSC_1358.JPG

 

青の総釉で長左衛門印がございます。

 

DSC_1359.JPG

 

九代大樋長左衛門

陶芸家。金沢生。昭和9年に大樋焼本家窯元九代目を襲名。中興の祖である五代勘兵衛に匹敵する名工といわれた。日本工芸会正会員。昭和61年(1986)歿、84才

 

DSC_1360.JPG

 

 

DSC_1361.JPG

 

作者共箱。

DSC_1356.JPG

 

径5,4センチ   高4,9センチ

DSC_1357.JPG

 

価格は43,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

膳所焼 岩崎新定 沓形茶碗

2018年5月18日(金)

 

膳所焼 岩崎新定造 沓形茶碗が入りました。

 

DSC_1330.JPG

 

茶褐色の膳所釉薬と白い釉薬の掛け分けになっています。

 

DSC_1331.JPG

 

轆轤あとを景色にしています。

 

DSC_1332.JPG

 

釉の流れも楽しめます。

 

DSC_1333.JPG

 

岩崎新定(いわさき しんじょう)1913年 滋賀県で生まれる。
遠州七窯の膳所(ぜぜ)焼を再興させた陶芸家・岩崎健三の長男。
京都高等工芸学校陶磁器科を卒業
1985年 滋賀県文化賞を受賞
  滋賀県伝統的工芸品に指定
1987年 膳所焼美術館を設立
1991年 通産省より伝統産業功労者表彰
2009年 10月26日逝去

 

DSC_1334.JPG

 

割高台できれいな状態。

 

DSC_1335.JPG

 

 

作者共箱。

DSC_1329.JPG

 

 

径13,3センチ   高7センチ

DSC_1330.JPG

 

価格は20,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

前端春斎 秋草蒔絵 桑 三日月香合 尋牛斎

2018年5月17日(木)

 

二代前端春斎造 秋草蒔絵 桑 三日月香合を入手しました。 

 

 

DSC_1350.JPG

 

 

尋牛斎宗匠のお箱書き。

DSC_1347.JPG

 

 

桑木地で三日月形。

DSC_1349.JPG

 

 

金、銀で秋草蒔絵が施されています。

DSC_1348.JPG

 

 

尋牛斎宗匠のお花押。

DSC_1351.JPG

 

 

二代 前端春斎
昭和11年 初代前端春斎の長男に生まれる
昭和36年 中村宗哲門下の塗師 村田道寛に茶道具
      中村長寛に石地塗を習う
      加賀蒔絵師 保谷美成に蒔絵を学ぶ
昭和48年 村田道寛の推薦指導のもと 大徳寺瑞峯院本堂古材で棗を制作
      瑞峯院吉田桂堂師より「雅峯」の雅号を受ける
      大徳寺山門 金毛閣重要文化財解体修理の古材で棗を制作 
昭和49年 大徳寺芳春院 三重野与雲師依頼で石州好の棗を制作
昭和54年 大徳寺管長方谷浩明大師の希望で 金毛閣古材で棗を制作
昭和57年 久田宗也好み展に出品
昭和58年 大徳寺650年大遠忌記念に古材にて棗、香合を制作
昭和59年 裏千家坐忘斎若宗匠の格式披露茶会に松長板と建水を制作
昭和60年 官休庵愈好斎33回忌法要に青海盆を製作
       

 

作者共箱。

DSC_1354.JPG

 

 

径3,5センチ×9,1センチ   高2,1センチ

DSC_1352.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

岩木秀斎 桐筏香合 鵬雲斎宗匠

2018年5月16日(水)

 

岩木秀斎造 桐筏香合が入りました。

 

鵬雲斎宗匠のお箱書きがございます。

 

DSC_1341.JPG

 

金の縄目がきいています。

DSC_1342.JPG

 

鵬雲斎宗匠のお花押。

DSC_1343.JPG

 

縄目の部分を木地で盛り上げ、金を塗っています。

DSC_1344.JPG

 

合い口のつめには堅木を使っています。

DSC_1345.JPG

 

 

鵬雲斎宗匠のお箱書。

DSC_1346.JPG

 

岩木秀斎
明治四十三年生まれ。
指物師初代岩木裕軒の三男として生まれる。父、兄・二代佑軒に師事。
淡々斎より秀斎の号を授けられる。 数多くの新作を考案し、好み物も多い。
淡々斎好には幟鯉香合、鵬雲斎家元好に山雲棚などがある。裏千家出入方。

 

作者共箱。

DSC_1355.JPG

 

径11×4,8センチ   高1,8センチ

DSC_1341.JPG

 

価格は22万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

七代高橋道八 色絵立鶴の図茶碗

2018年5月15日(火)

 

七代高橋道八造 色絵立鶴の図茶碗を入手しました。

 

DSC_1323.JPG

金と鉄絵で立鶴を茶碗全体に描いています。

 

丹頂鶴、頭の赤もきいています。

DSC_1325.JPG

 

高台も綺麗な状態です。

DSC_1326.JPG

 

七代 高橋道八(明治43年(1910年)11月21日 - 昭和58年(1983年)) 本名「光一」。

DSC_1327.JPG

 

作者共箱。

DSC_1328.JPG

 

径11,6センチ   高8,8センチ

DSC_1324.JPG

 

価格は78,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ