<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

江戸時代 萩茶碗 即中斎

2020年2月8日(土)

 

萩茶碗を入手しました。

 

約200年から250年前、江戸時代後期の作品です。

 

DSC_0941.JPG

 

石爆(いしはぜ)の景色も見られます。
石爆とは長石などの石粒が焼成時にはじけて表面に露出したもの。
茶人に古来より珍重され、故意に割れ目をつくり石を挟んだものもあるくらいです。

 

 

即中斎宗匠のお箱書、銘「侘びの友」

DSC_0940.JPG

 

素焼きや乾燥させた土の器に釉薬(ゆうやく)をかけ焼き上げます。
この時、釉薬は土よりも縮み方が大きいため、貫入(かんにゅう)
とよばれるひびが入ります。
萩焼は特徴のある土を使うため、お茶を入れると、この貫入から
時間と共に外に染み出し表情が変わります。このような変化は
「萩の七化け(ななばけ)」と呼ばれています。

 

DSC_0942.JPG

 

雨もり手の景色もでています。

 

雨もり手とは陶器を長年使用しているうち、釉(うわぐすり)のひびわれから

他成分が入り、雨漏りのしみのようなものが現われたもの。

茶碗の見所の一つとして重視される。

DSC_0943.JPG

 

内外、ニュー、割れ、直しなど無く無傷です。

DSC_0944.JPG

 

高台は三か所切り、やや外に広げた形でしっかりとした印象です。

DSC_0945.JPG

 

牡丹唐草緞子の仕服が添っています。

DSC_0939.JPG

 

 

径13,0センチ    高8,4センチ

DSC_0941.JPG

 

価格は40万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

漆専堂 漆園 茶器三点 尋牛斎

2020年2月4日(火)

 

本日は漆専堂製 漆園造の茶器三点をご紹介いたします。

すべて尋牛斎宗匠のお箱書がございます。

岡本漆専堂は表千家とゆかりの深い、京都の漆器製造の老舗です。

 

一点目

菊桐蒔絵 溜塗 雪吹です。

DSC_1426.JPG

 

蓋の甲にのみ蒔絵があります。

 

DSC_1427.JPG

 

しっかりとした菊と桐の金蒔絵です。

DSC_1428.JPG

 

 

DSC_1432.JPG

 

内は黒真塗。

DSC_1430.JPG

 

尋牛斎宗匠のお箱書。

DSC_1433.JPG

 

御花押も綺麗に入っています。

DSC_1431.JPG

 

作者共箱。

DSC_1434.JPG

 

径7.2センチ   高7,4センチ

DSC_1426.JPG

 

価格は35,000円です。

 

 

 

二点目は

重ね扇蒔絵大棗です。

DSC_1437.JPG

 

蓋甲に重ね扇の蒔絵がございます。

DSC_1438.JPG

 

久田家の家紋、扇を重ねた意匠です。

DSC_1439.JPG

 

 

DSC_1440.JPG

 

内、外共に黒真塗です。

DSC_1441.JPG

 

尋牛斎宗匠のお箱書。

DSC_1443.JPG

 

御花押も綺麗に入っています。

DSC_1442.JPG

 

作者共箱。

DSC_1435.JPG

 

径7,2センチ   高7,3センチ

DSC_1437.JPG

 

価格は36,000円です。

 

 

 

三点目は

内朱金 金林寺茶器です。

寿の文字・尋牛斎自筆。

DSC_1445.JPG

 

 

黒真塗に朱の寿の文字が、鮮やかに映えています。

DSC_1446.JPG

 

 

DSC_1447.JPG

 

内は朱金。

DSC_1448.JPG

 

尋牛斎宗匠のお箱書。

DSC_1444.JPG

 

御花押も綺麗に入っています。

DSC_1449.JPG

 

作者共箱。

DSC_1436.JPG

 

径6,7センチ   高7,1センチ

DSC_1445.JPG

 

価格は40,000円です。

 

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | - | - | - |

樂弘入 松の絵 赤茶碗 円山伝衣

2020年2月3日(月)

 

樂家十二代 弘入造 松絵赤茶碗を入手しました。

 

DSC_0046.JPG

 

観る角度で景色が違います。

 

DSC_0048.JPG

 

 

DSC_0047.JPG

 

釉薬の濃淡や箆使いで変化をつけています。

 

DSC_0051.JPG

 

 

DSC_0049.JPG

 

無傷で綺麗な状態です。

 

DSC_0050.JPG

 

箱は時代で黒ずんでいます。

DSC_0043.JPG

 

円山伝衣和尚の御箱書、銘「千年翠蓋・せんねんすいがい」

翠蓋 (すいがい)とは
緑色のおおい。また、緑の葉の茂った木の枝のたとえ。

 

DSC_0045.JPG

円山伝衣
臨済宗の僧。大徳寺四百八十八世。姓は円山、道号は全提、諱は要宗、伝衣は室号。四百八十三世広州の法を嗣ぐ。妙心寺派より請じ、六代管長ならびに僧堂師家に就任。大正13年開堂する。昭和15年(1940)寂、70才。

 

作者共箱。

DSC_0044.JPG

 

径12,0センチ   高7,4センチ

DSC_0048.JPG

 

 

こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ

 

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

黒田宗伝 雲錦蒔絵 竹長棗 井口海仙

2020年2月2日(日)

 

黒田宗伝造 雲錦蒔絵 竹長棗を入手しました。

 

DSC_0059.JPG

 

外部は溜塗を施し、上から金と色絵で桜 紅葉蒔絵を描いています。

 

DSC_0060.JPG

 

 

DSC_0061.JPG

 

内は黒真塗。

 

DSC_0063.JPG

 

井口海仙宗匠の御箱書。

 

DSC_0053.JPG

 

井口海仙(いぐち かいせん、1900年6月24日 - 1982年6月8日)
茶人。京都生。裏千家十三世円能斎の三男。本名三郎。宗含、幽静庵と号す。財団法人今日庵理事、茶道裏千家淡交会副会長、淡交社社長となる。『茶道入門』『原色茶道大辞典』など多数の著書があり、茶道ジャーナリストとして活躍。昭和57年(1982)歿、81才。

 

DSC_0062.JPG

 

作者共箱。

DSC_0052.JPG

 

径6,1センチ   高7,9センチ

DSC_0059.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | - | - | - |

建仁寺 竹田益州 茶杓 「千代の栄」

2020年2月1日(土)

 

建仁寺 竹田益州 茶杓 「千代の栄」を入手しました。

 

DSC_0021.JPG

 

竹田益州(たけだ えきじゅう、1896年(明治29年)- 1989年(平成1年)6月20日)は、昭和を代表する臨済宗の禅僧。

建仁寺派第八代管長。大分県生。室号は金剛窟。9才の時祥瑞寺で得度し、のち竹田黙雷について修行、印可を受ける。祥瑞寺・大仙寺を歴住、大徳寺執事長を経て建仁寺派管長となる。平成元年寂、92才。

 

DSC_0022.JPG

 

 

DSC_0024.JPG

 

 

DSC_0023.JPG

 

シミ竹を使っています。

DSC_0025.JPG

 

節の上下で色の変化があり、いい景色です。

DSC_0026.JPG

 

 

DSC_0027.JPG

 

 

DSC_0028.JPG

 

 

DSC_0021.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | - | - | - |

真葛焼 五代宮川香斎 竹絵 平陶棗 尋牛斎

2020年1月31日(金)

 

真葛焼 五代宮川香斎造 竹絵 平陶棗を入手しました。

 

DSC_1451.JPG

 

 

DSC_1453.JPG

 

仁清写しで、金と色絵で竹笹を描いています。

 

DSC_1454.JPG

 

 

DSC_1452.JPG

 

 

DSC_1457.JPG

 

内、外 綺麗な状態です。

DSC_1455.JPG

 

尋牛斎宗匠の御箱書。

DSC_1450.JPG

 

御花押も綺麗にはいっています。

DSC_1456.JPG

 

作者共箱。

DSC_1458.JPG

 

径8,7センチ   高6,3センチ

DSC_1451.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | - | - | - |

加藤芳右衛門 志野茶碗 鵬雲斎宗匠

2020年1月30日(木)

 

加藤芳右衛門造 志野茶碗を入手しました。

 

DSC_1406.JPG

 

志野焼は、美濃焼の一種で、美濃(岐阜県)にて安土桃山時代に焼かれた白釉を使った焼物です。

 

DSC_1408.JPG

 

志野は、長石を主な成分とする釉薬をかけた陶器です。鉄で絵を描き、その上から長石釉をかけることによって、日本で初めて焼き物に絵を焼き付けることができるようになりました。

 

DSC_1409.JPG

 

文様のはっきりしているところ、ぼんやりしているところは、釉薬の厚さによって左右されます。

 

DSC_1407.JPG

 

加藤芳右衛門 1932年(昭和7年)〜2009年(平成21年)
岐阜県無形文化財保持者の加藤十右衛門の長男として生まれる。幼い頃より、父、加藤十右衛門に師事する。1958年(昭和33年)室町時代より美濃焼の名陶を多くが生み出した久々利の地に父とともに八坂窯を開く。1974年(昭和49年) 芳右衛門を名乗る。名工である父の技術と八坂窯を受け継ぎ継承した技術に磨きをかけて志野、織部、黄瀬戸の茶陶を中心に作陶する。弟に、加藤光右衛門、加藤弥右衛門がいる。

 

DSC_1410.JPG

 

松葉の窯印。

DSC_1411.JPG

 

 

DSC_1412.JPG

 

鵬雲斎宗匠の御箱書。

DSC_1415.JPG

 

作者共箱。

DSC_1417.JPG

 

径12,5センチ   高8,4センチ

DSC_1406.JPG

 

価格は8万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

即中斎好 初瀬川柳庵 出世ウロコ蒔絵 中棗

2020年1月29日(水)

 

即中斎好 初瀬川柳庵造 出世ウロコ蒔絵 中棗を入手しました。

 

DSC_0066.JPG

 

ここで言う「出世ウロコ」とは鱗鶴紋のことです。

15個の鱗鶴が描かれています。

 

DSC_0068.JPG

 

鱗鶴とは

鱗とは三角形(二等辺・正)の文様をいい、その中に鶴の頭を配しています。

千利休の妻宗恩の紋所でもあります。

 

DSC_0069.JPG

 

吉祥の文様で棗や食籠・菓子器そして炉縁などによく見かけます。

 

DSC_0071.JPG

 

初瀬川柳庵(はつせがわりゅうあん)

京都の名工として知られる漆芸家で、本願寺の用度品も制作しました。

表千家十三世家元・即中斎とは特に親しい関係でした。そのため、即中斎の好み物の制作をよくしており、即中斎の花押が入ったものや書付の道具が存在しています。

 

DSC_0067.JPG

 

即中斎宗匠の御箱書。

DSC_0072.JPG

 

蓋裏は金切箔が施され、朱漆で御花押が綺麗にはいっています。

DSC_0070.JPG

 

径6.7センチ   高6,8センチ

DSC_0066.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | - | - | - |

即中斎好 初瀬川柳庵 出世柳蒔絵 中棗 

2020年1月28日(火)

 

初瀬川柳庵造 出世柳蒔絵 中棗を入手しました。

 

DSC_1000.JPG

 

即中斎宗匠のお好みの棗です。

芽張り柳を出世柳と呼び、好まれています。

 

DSC_1025.JPG

即中斎宗匠のお箱書き。

 

DSC_1002.JPG

 

初瀬川柳庵(はつせがわりゅうあん)は京都の名工として知られる漆芸家で、本願寺の用度品も制作しました。

表千家十三世家元・即中斎とは特に親しい関係でした。そのため、即中斎の好み物の制作をよくしており、即中斎の花押が入ったものや書付の道具が存在しています。

 

DSC_1004.JPG

 

内は目の覚めるような美しい朱色にしています。

DSC_1005.JPG

 

金 切箔を施し、お花押は黒漆で書かれています。

DSC_1006.JPG

 

 

桐箱入り。

DSC_0997.JPG

 

中棗の大きさです。

DSC_1000.JPG

 

価格は9万5千円です。

 

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

 

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | - | - | - |

樂覚入 赤 掛花入

2020年1月27日(月)

 

樂覚入造 掛花入を入手しました。

 

DSC_0097.JPG

 

赤楽で砂釉です。

 

色の変化がいい具合で、良い出来です。

 

DSC_0099.JPG

 

 

DSC_1420.JPG

 

面を縦にとっています。

DSC_1421.JPG

 

少しだけ末広の造形も花映りがよさそうです。

DSC_1423.JPG

 

十四代 覚入(大正7年(1918年) - 昭和55年(1980年)) 十三代長男。

昭和15年(1940年)、東京美術学校(現東京芸術大学)彫刻科卒。卒業後、召集され従軍。昭和20年(1945年)に生還するも、前年に父が死去、茶道も低迷期を迎えていた。好景気となる昭和35年(1960年)以降、作品が充実するようになる。彫刻の理論を生かした立体的造形は他代には見られない特徴とされる。昭和53年(1978年)、樂家歴代史料を基に「樂美術館」開設。同年文化庁より無形文化財指定される。その2年後に急逝。

 

DSC_1422.JPG

 

 

DSC_1424.JPG

 

作者共箱。

DSC_0096.JPG

 

径5,9センチ   高21,4センチ

DSC_0097.JPG

 

価格は13万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 花入 | permalink | comments(0) | - | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ