<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 膳所焼 陽炎園 岩崎新定 色絵柿茶碗 | main | 久田尋牛斎 短冊表具 「口切や」覚々斎 >>

虫明焼 栗絵茶碗 淡々斎

2020年9月16日(水)

 

虫明焼(宮川香山 指導) 栗絵茶碗を入手しました。

 

淡々斎宗匠のお箱書きがございます。

 

DSC_0658 (2).JPG

 

正面に大きく栗を描いています。

DSC_0667.JPG

 

約150年前の作品です。

DSC_0663.JPG

 

口は三角に歪ましています。

DSC_0660 (2).JPG

 

虫明焼がいつの頃から始まったかは、色々な説があり、未だに明らかではありませんがおよそ300年ほど前ではないかと言われています。
虫明焼は岡山藩筆頭家老、伊木家の領地で3万3千石を賜り、お庭焼としてこの地に焼物が生まれました

そして、この伊木家の中でも14代伊木忠澄(号:三猿斎)という大茶人のもと京都の清風与平、楽長造、宮川香山(号:真葛)など当時の名工を招聘・指導し、虫明焼の作風が京風の帯びた粟田風な薄作りの作風へと変わっていきました。
まさに当時の大茶人、伊木三猿斎が虫明焼の中興の祖であり、茶陶窯として生まれたのであります。

 

 

DSC_0664.JPG

 

一番の魅力は、やはり灰釉の持っているおとなしい飽きのこない色調です。特にお茶席などでの色々な取り合わせにおいて、この虫明焼はどの焼物にもしっくりとなごむ。
これは虫明焼のおとなしい色調がそうさせているのでありましょう。

 

DSC_0661 (2).JPG

 

 

DSC_0662 (2).JPG

 

宮川香山(1842年〜1916年)は、日本の陶芸家。明治時代の日本を代表する陶工。高浮彫、真葛焼(横浜焼)の創始者、帝室技芸員。

京都の真葛ヶ原に陶工・真葛宮川長造の四男として生まれた。幼名は虎之助。19歳の時、父と兄が亡くなり陶工の家を継ぐと父が生前朝廷用の茶器を制作し「香山」の称号を受けていたため虎之助は初代香山の名を名乗り父の得意とした色絵陶器や磁器などを制作。その腕は評判を呼び慶応2年(1866年)、25歳の時、幕府から御所献納の品を依頼されるまでになった。

 

「むしあけ」の印の下に「真葛」の印がある大変珍しい作品です。

DSC_0666.JPG

 

淡々斎宗匠のお箱書。

DSC_0665.JPG

 

紫ちりめんの仕服が添っています。

DSC_0668.JPG

 

木箱入り。

DSC_0669.JPG

 

径12センチ   高7,5センチ

DSC_0658 (2).JPG

 

 

 こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
 ヨイナ コニシ

 

 

 

 

 

 

 

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする