<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 十一代三輪休雪(寿雪) 萩茶碗 | main | 三代諏訪蘇山 青磁 蓋置 >>

永楽妙全 牡丹唐草 紫交趾 鉢

2020年9月5日(土)

 

永楽妙全造 牡丹唐草 紫交趾 鉢を入手しました。

 

DSC_1725.JPG

 

交趾焼とは

明代後期に中国南部で作られた三彩陶器。純粋の三彩と、文様を粘土の細い線で縁どり、その内外に釉(うわぐすり)を充塡(じゅうてん)したものとがある。茶人の間で特にその香合が珍重された。交趾(地名)から舶載されたことからの名称。

 

DSC_1726.JPG

 

お悠さんの愛称で知られる妙全(1852-1927)は嘉永五年(1852年)に京都府長岡京市に生まれ、二十歳の折に夫、永楽家十四代永楽得全(1853-1909)に嫁した。

明治四十二年(1909年) 夫、得全の没後 永楽家の家業は妻である悠の手にゆだねられた。

 

DSC_1729.JPG

 

永楽家十四代の室、永楽妙全は永楽家の歴代の中には入っていないが、経済的に恵まれていなかった得全の妻として貧困の中永楽家を支え、夫、没後はそれまで親しんでいた茶の湯、和歌もやめ永楽家の家計を維持することに専念している。

 

DSC_1727.JPG

 

約100年前の作品、綺麗にのこっています。

 

DSC_1728.JPG

 

箱は時代を感じます。

DSC_1730.JPG

 

作者共箱。

DSC_1731.JPG

 

径18,4センチ   高10,0センチ

DSC_1725.JPG

 

価格は65,000円です。

 



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ

 

 

 

 

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | - | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする