<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 十四代坂倉新兵衛 萩茶碗 鵬雲斎宗匠 | main | 京焼名工作家 寄せ杯 十二 >>

加藤十右衛門 鼠志野茶碗 鵬雲斎宗匠

2020年8月11日(火)

 

加藤十右衛門造 鼠志野茶碗を入手しました。

 

DSC_0159.JPG

 

鵬雲斎宗匠の御箱書。
(裏千家 前家元 十五代鵬雲斎宗室 現、玄室汎叟大宗匠)

DSC_0163.JPG

昭和50年頃の御染筆です。

 

DSC_0157.JPG

 

志野茶碗

室町時代の茶人「志野宗信」が美濃の陶工にお願いして作らせたのが始まりといわれています。

 

DSC_0158.JPG

 

見る角度で景色が変わります。

DSC_0160.JPG

 

鼠志野
下地に鬼板と呼ばれる鉄化粧を施し、文様を箆彫りして白く表し、さらに志野釉(長石釉)をかけて焼く。掻き落とした箇所が白く残り、鉄の成分は窯の条件などにより赤褐色または鼠色に焼き上がる。

 

DSC_0161.JPG

 

 

DSC_0156.JPG

 

 

DSC_0162.JPG

 

加藤十右衛門(明治27年 - 昭和49年)
岐阜県土岐郡笠原町(現・多治見市)生まれ。八坂窯開窯。
美濃大平の陶祖加藤景豊(加藤五郎衛門景豊)の流れをくむ。
1958年に岐阜県の無形文化財保持者に認定。

美濃桃山陶芸に魅力され伝統技法をベースに、志野、黄瀬戸、織部、美濃伊賀などを手掛けた匠。戦後の美濃陶芸再興復元に尽力。1974年、79歳で死去。

 

DSC_0155.JPG

 

作者共箱。

DSC_0164.JPG

 

径11,9センチ   高9.7センチ

DSC_0159.JPG

 

価格は9万円です。



 こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
 ヨイナ コニシ

 

 

 

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする