<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 十二代中里太郎右衛門 唐津焼 皮鯨 平茶碗 鵬雲斎宗匠 | main | 加藤十右衛門 鼠志野茶碗 鵬雲斎宗匠 >>

十四代坂倉新兵衛 萩茶碗 鵬雲斎宗匠

2020年8月7日(金)

 

十四代坂倉新兵衛造 萩茶碗を入手しました。

 

DSC_0167.JPG

 


鵬雲斎宗匠の御箱書。
(裏千家 前家元 十五代鵬雲斎宗室 現、玄室汎叟大宗匠)

DSC_0165.JPG

昭和40年代の御染筆です。

 

DSC_0168 (2).JPG

 

萩焼は土の風合いを生かした素朴な作風のものが多く、土の配合、釉薬の掛け具合、ヘラ目、刷毛目などに、焼成の際の炎による偶然の効果などが加わり、独特の味が生み出されます。色彩は大道土の色を生かした肌色から枇杷色、見島土の色を生かした褐色や灰青色、藁灰釉による白色など、比較的限られた色が主流です。

 

DSC_0169 (2).JPG

 

使い込むほどに器の色合いがだんだんと変化し、なんとも言えない侘びた味わいを醸すようになります。この変化は「萩の七化け」と呼ばれ、萩焼の特徴的な魅力となっています。

 

DSC_0170 (2).JPG

 

十四代坂倉新兵衛
1917−1975 昭和時代後期の陶芸家。
大正6年2月28日生まれ。12代坂倉新兵衛の3男。長兄(13代追贈)の戦死で家業につき,昭和35年父の死で14代をつぐ。日本現代陶芸展や日本伝統工芸展などに入選。47年山口県指定無形文化財保持者となった。昭和50年4月17日死去。58歳。山口県出身。萩(はぎ)商業卒。本名は治平。

 

DSC_0171 (2).JPG

 

 

DSC_0172 (2).JPG

 

 

DSC_0173 (2).JPG

 

 

DSC_0174.JPG

 

作者共箱。

DSC_0166.JPG

 

径14センチ   高7,6センチ

DSC_0167.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする