<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 樂覚入 赤茶碗 即中斎 | main | 三代高木治良兵衛 常盤釡 常盤風炉 >>

真葛焼 五代宮川香斎 祥瑞水指 玄室大宗匠

2020年6月9日(火)

 

真葛焼 五代宮川香斎造 祥瑞水指を入手しました。 

 

DSC_0055.JPG

棚にも合う寸法です。

 

本歌の祥瑞(しょんずい)は、中国明代末の崇禎年間(1628〜1644年)に景徳鎮窯で作られた上手(じょうて)の染付のことをいいます。

 

DSC_0044.JPG

 

玄室汎叟大宗匠のお箱書。(茶道裏千家 前家元 十五代鵬雲斎宗室)

最近の御染筆です。

DSC_0054.JPG

 

 

DSC_0046.JPG

 

祥瑞は、日本のからの特定(小堀遠州及びその周辺と推定されている)の注文により作られたもので、古染付とは異なり、上質の高嶺土(こうりょうど)を使った精白な素地に、地呉須の最上手の浙青(せっせい)で絵付されたため、鮮やかな瑠璃色をしており、染付磁器の最上とされています。

DSC_0047.JPG

 

 

DSC_0045.JPG

 

摘まみは竹の意匠。

DSC_0052.JPG

 

 

DSC_0048.JPG

 

祥瑞は、緻密に描き込まれた地紋と捻文や丸紋などの幾何学文を多用した、いわゆる祥瑞紋様でが特徴です。

DSC_0050.JPG

 

 

DSC_0049.JPG

 

 

DSC_0051.JPG

 

底に「真葛香斎」

DSC_0053.JPG

 

径15,1センチ   高16,8センチ

DSC_0057.JPG

 

価格は20万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | - | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする