<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 七代高橋道八 仁清窯 色絵金菱の図茶碗 坐忘斎御家元 | main | 真葛焼 五代宮川香斎 祥瑞写芋頭水指 而妙斎宗匠 >>

加藤光右衛門 織部 火入

2020年5月18日(月)  願 疫病退散

 

加藤光右衛門造 織部 火入を入手しました。

 

DSC_2351.JPG

 

緑釉薬の自然な流れが美しい。

DSC_2352.JPG

 

織部焼(おりべやき)は、桃山時代の慶長10年(1605年)頃、岐阜県土岐市付近で始まり元和年間(1615年-1624年)まで、主に美濃地方で生産された陶器。美濃焼の一種で、基本的に志野焼の後に造られた。
千利休の弟子であった大名茶人、古田織部の指導で創始され、織部好みの奇抜で斬新な形や文様の茶器などを多く産した。

 

DSC_2350.JPG

 

 

DSC_2349.JPG

 

 

DSC_2353.JPG

 

加藤光右衛門(かとうこうえもん)
美濃焼(山十窯)
昭和12年6月12日生
岐阜県の無形文化財だった加藤十右衛門の二男
黄瀬戸・黒織部・美濃伊賀焼で、茶陶に重きを置き活動

 

DSC_2348.JPG

 

 

DSC_2354.JPG

 

作者共箱。

DSC_2347.JPG

 

高9,2センチ   高9,5センチ

DSC_2351.JPG

 

価格は16,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 莨盆 | permalink | comments(0) | - | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする