<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 吉羽與兵衛 南鐐松笠頭 火箸 | main | 堀内宗完 兼中斎宗匠 自画賛短冊「春風」 >>

宗哲 利写 黒中棗 即中斎

2020年3月17日(火)

 

十一代中村宗哲造 利写(利休形)黒中棗を入手しました。

 

DSC_1795.JPG

 

棗が塗物茶器として確たる位置を占めるのは千利休(1522〜1591)の時代からとされます。棗は、珠光棗、紹鴎棗、利休形棗と次第に寸法が小さくなっています。

 

DSC_1794.JPG

 

現在では、利休形棗と呼ばれる棗が定型となっており、大棗・中棗・小棗の三種があり、小棗は濃茶用、大棗は薄茶専用、中棗は兼用とされます。小棗を濃茶に用いるときは無地棗を用います。

 

DSC_1796.JPG

 

即中斎宗匠のお箱書。

DSC_1793.JPG

 

お花押も綺麗に入っています。

DSC_1798.JPG

 

当たりや傷無く、良い状態で伝来しています。

DSC_1800.JPG

 

この度、仕服を新調しました。

DSC_1791.JPG

 

井伊家伝来、唐花龍の丸紋裂です。

DSC_1801.JPG

 

 

DSC_1790.JPG

 

作者共箱。

DSC_1792.JPG

 

径7,2センチ   高7,2センチ

DSC_1794.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | - | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする