<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 即中斎好 初瀬川柳庵 出世柳蒔絵 中棗  | main | 加藤芳右衛門 志野茶碗 鵬雲斎宗匠 >>

即中斎好 初瀬川柳庵 出世ウロコ蒔絵 中棗

2020年1月29日(水)

 

即中斎好 初瀬川柳庵造 出世ウロコ蒔絵 中棗を入手しました。

 

DSC_0066.JPG

 

ここで言う「出世ウロコ」とは鱗鶴紋のことです。

15個の鱗鶴が描かれています。

 

DSC_0068.JPG

 

鱗鶴とは

鱗とは三角形(二等辺・正)の文様をいい、その中に鶴の頭を配しています。

千利休の妻宗恩の紋所でもあります。

 

DSC_0069.JPG

 

吉祥の文様で棗や食籠・菓子器そして炉縁などによく見かけます。

 

DSC_0071.JPG

 

初瀬川柳庵(はつせがわりゅうあん)

京都の名工として知られる漆芸家で、本願寺の用度品も制作しました。

表千家十三世家元・即中斎とは特に親しい関係でした。そのため、即中斎の好み物の制作をよくしており、即中斎の花押が入ったものや書付の道具が存在しています。

 

DSC_0067.JPG

 

即中斎宗匠の御箱書。

DSC_0072.JPG

 

蓋裏は金切箔が施され、朱漆で御花押が綺麗にはいっています。

DSC_0070.JPG

 

径6.7センチ   高6,8センチ

DSC_0066.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | - | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする