<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 初代三木表悦 老松茶器 淡々斎 | main | 十五代大西清右衛門 浄心 鵬雲斎好 糸目蓋置 >>

十代大樋長左衛門 飴茶碗 兼中斎

2020年1月12日(日)

 

十代大樋長左衛門造 飴茶碗を入手しました。

 

DSC_1333.JPG

 

兼中斎宗匠のお箱書、銘「深山」

DSC_1338.JPG

 

堀内家12代堀内宗完・兼中斎
不仙斎の三男、本名吉彦。1944年京都帝国大学理学部卒業、同副手。
46年2月長兄・幽峯斎宗完死去により長生庵を継ぎ、同年4月 表千家不審菴入門、内弟子として表千家・千宗室・即中斎に師事。同年12月建仁寺竹田益州より兼中斎の斎号を受ける。1953年12代堀内宗完を襲名。97年甥の堀内國彦が宗完を継ぎ、宗心を名のる。99年表千家家元より的伝を受ける。

 

飴釉薬の上から朱釉薬を掛けています、朱色はあまり出ず濃い茶色に窯変して深みを増しています。

DSC_1334.JPG

 

縦の箆を全体にいれています。

DSC_1335.JPG

 

十代 大樋 長左衛門(1927年(昭和2年)10月28日 - ) は、金沢市出身の陶芸家で、大樋焼の本家十代当主。

 

DSC_1336.JPG

 

綺麗な状態です。

DSC_1337.JPG

 

 

DSC_1340.JPG

 

作者共箱。

DSC_1339.JPG

 

径12,8センチ   高8,0センチ

DSC_1334.JPG

 

価格は15万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする