<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 令和二年 元旦 | main | 九代大樋長左衛門 掛分数印 黒茶碗 淡々斎 >>

永楽即全 仁清写 若松に毬絵 茶碗

2020年1月3日(金)

 

永楽即全造 仁清写 若松毬 茶碗を入手しました。

 

DSC_1350 - コピー.JPG

 

手まり(てまり、手毬、手鞠)は、日本に古くからある遊具・玩具(おもちゃ)の一つである。「新年」の季語。当初は、芯に糸を巻いただけの物であったが、16世紀末頃より、芯にぜんまい綿などを巻き弾性の高い球体を作り、それを美しい糸で幾何学模様に巻いて作られるようになった。ソフトボールよりやや大きく、ハンドボールよりやや小振りのものが多い。
 

DSC_1351 - コピー.JPG

 

婦人や女児が屋内外で、下について遊んだ。室内ではひざまずいてつくこともある。江戸時代中期以後とりわけ流行し、特に正月の日の遊びとして好まれた。

 

DSC_1352.JPG

 

十六代 永楽善五郎(即全)
1917年(大正6)〜1998年(平成10)、京都市生。
昭和9年、千家十職 永楽家の十六代善五郎を襲名。神奈川県大磯に城山窯を築窯し、京都と往復し作陶。
京都伝統陶芸協会初代会長。
千家十職による千松会や十備会に出品、茶陶界において精力的に活動。

 

DSC_1354.JPG

 

綺麗な状態です。

DSC_1353.JPG

 

 

DSC_1253.JPG

 

作者共箱。

DSC_1254.JPG

 

径12,2センチ   高8,0センチ

DSC_1350 - コピー.JPG

 

価格は65,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする