<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 樂慶入 金箔松毬 黒熨斗押さえ | main | 宝暦年時代 下間庄兵衛 肩糸目肩衝形間鍋 大西浄心 >>

吉向十三軒 寿の字若松食籠 円能斎

2019年12月14日(土)

 

吉向十三軒造 寿の字若松食籠を入手しました。

 

DSC_1198.JPG

 

初釜や寒い日に、蒸し上用饅頭などを温めてお出ししたら如何でしょうか。

DSC_1199.JPG

 

青樂で寿の字を浮き彫りにしています。

DSC_1201.JPG

 

細かく若松をを彫り、銀釉薬を掛けています。

DSC_1200.JPG

 

内は銀箔を張っています。

DSC_1202.JPG

 

蓋には円能斎の御花押が綺麗に入っています。

DSC_1205.JPG

 

伊予大洲出身の戸田治兵衛が、京都に出て陶づくりを学び、享和の始め、

大阪十三村に窯を築きました。庭前の老松と生駒山にのぼる月を愛で、

「十三軒松月」と号し、作陶に専念しておりました。
時の将軍家の慶事に際し、鶴と亀の食籠を献上いたしましたところ、

亀の食籠が非常に気に入られ、「亀甲」即ち「吉に向かう」にちなみ、

「吉向」の窯号を賜りました。

 

DSC_1203.JPG

 

幕末から明治にかけて窯を守った四代松月に二子があり、兄、萬三郎が、

五世吉向松月を継ぎ、弟実蔵が、五代吉向十三軒を継ぎました。
これより吉向窯は、二つに分かれました。


初代松月が、浪速の地に窯を築いて以来、200年あまり、各代々が

種々の技術を伝統に取り入れ、吉向焼として、独自の発展をしています。

十三軒当代は八代。

 

DSC_1204.JPG

 

園能斎宗匠の御箱書。「若松食籠 十三軒宗濱造 今日菴」

DSC_1208.JPG

 

径17,6センチ   高9,8センチ

DSC_1207.JPG

 

吉向十三軒の共箱は無し。


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック