<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 真葛焼 宮川香斎 安南写 稔(みのり) 菓子鉢 | main | 鞍馬口「寿星」 お昼の秋冬メニューが新しく加わりました >>

新開寛山 白藤大壺花瓶

2019年11月11日(月)

 

新開寛山造 白藤大壺花瓶を入手しました。

 

大振りの花瓶です。

DSC_1090.JPG

 

新開寛山 しんかい-かんざん
1912− 明治45年4月21日生まれ。 昭和-平成時代の陶芸家。

代々陶業の家に生まれ祖父に3代 清風与平、叔父に4代 清風与平を持つ。
昭和7年から5代清水(きよみず)六兵衛に師事。56年日展理事,平成4年同参事。京都出身。京都市立美術工芸学校卒。本名は邦太郎。

 

DSC_1092.JPG

 

工芸学校卒業後1930年に11回帝展にて初入選。
以降戦前までは染付を主体とした作品で帝展、新文展にて入選を重ねる。
48年、帰国し以降は陶土を研究して陶器作品を日展中心に展開。
51年、第7回日展にて特選を受賞。58年には会員に推挙となる。
74年、改組第6回日展にて文部大臣賞、80年には前年の日展出品作「玄鳥」にて日本芸術院賞を受賞、
84年に勲四等旭日小綬章、89年に京都府文化賞特別功労賞など多数の受賞、授章暦を持つ。

 

DSC_1089.JPG

 

 

DSC_1091.JPG

 

作品は当初、染付など磁器が主流であったが、陶器に転向以降は魚や鳥、動物をシンプルにデザインして鉄釉、彩色、釘彫、陶彫、象嵌、など様々な技法により独自の造形を展開して重厚な作品を発表している。

 

DSC_1097.JPG

 

 

DSC_1099.JPG

 

 

DSC_1098.JPG

 

 

 

DSC_1102.JPG

 

作者共箱。

DSC_1101.JPG

 

 

DSC_1095.JPG

 

径31センチ   高40センチ

DSC_1096.JPG

 

お菓子席やお料理の席に御使い頂くと、床が華やかになります。

DSC_1092.JPG

 

価格は7万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 花入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300767
この記事に対するトラックバック