<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 十一代中村宗哲 六角鈴ノ絵香合 惺斎宗匠好 | main | 宮川香雲 松の絵茶碗 >>

加藤光右衛門 美濃伊賀 水指 鵬雲斎宗匠

2019年11月6日(水)

 

加藤光右衛門造 美濃伊賀 水指を入手しました。

 

意識的に流した釉薬が、変化に富んで、伊賀焼らしさを表現しています。

 

DSC_1073.JPG

 

鵬雲斎宗匠のお箱書。

DSC_1080.JPG

 

 

 

DSC_1076.JPG

 

美濃伊賀」とは、美濃で焼かれた伊賀焼風の陶器のことです。伊賀焼も、桃山文化の中心地である京都で人気がありました。その需要に応えるべく、美濃の陶工たちはТ鐚繊覆擦辰しつ)の土に長石の粒を混ぜて、伊賀焼のような雰囲気を意識的につくり出すのに成功しました。

 

DSC_1077.JPG

 

加藤光右衛門 本名、光夫
山十窯
1937年 岐阜県生
1982年 岐阜笠原に窯を築く
美濃焼伝統工芸士、名古屋茶道工芸金鱗会会員
 
加藤十右衛門の次男として生まれる。加藤三兄弟として有名な作家です。
高校を卒業してから父親に師事。美濃伊賀、黄瀬戸、黒織部を中心に茶陶を制作しています。
中日国際展、朝日陶芸展などの公募展でも活躍、個展も数多く開催。

 

DSC_1074.JPG

 

 

DSC_1075.JPG

 

桃山時代、美濃の陶工たちは志野や織部などとならび人気のあった、伊賀焼を模倣した茶陶を焼きました。美濃の陶土は伊賀のものとは異なるため、形だけをまねても伊賀焼のようにはなりません。土の調合や釉薬を工夫しなければなりませんが、十右衛門は研究の末、途絶えていた美濃伊賀の技術を復活させました。

 

茶道への深い理解から生み出される作品を、次男である光右衛門は、継承していきます。

 

DSC_1078.JPG

 

「光」の窯印

DSC_1079.JPG

 

作者共箱。

DSC_1081.JPG

 

径17,8センチ   高18,1センチ

DSC_1073.JPG

 

出来が良く、綺麗な状態です。

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300763
この記事に対するトラックバック