<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 白井半七 瓢形 振出し 尋牛斎 | main | 加藤光右衛門 美濃伊賀 水指 鵬雲斎宗匠 >>

十一代中村宗哲 六角鈴ノ絵香合 惺斎宗匠好

2019年11月5日(火)

 

十一代中村宗哲造 惺斎好 六角鈴ノ絵香合を入手しました。

 

蓋の甲に神楽鈴の金蒔絵が施されています。

DSC_0092.JPG

 

神楽鈴(かぐらすず)

御神楽を奏する際や巫女が舞で手に持ちます。小さい鈴を12個または15個つないで柄をつけたもの。歌舞伎舞踊の三番叟(さんばそう)などにも用いる。

 

DSC_0759.JPG

 

合わせは錫縁にしています。

DSC_0763.JPG

 

十一代宗哲

(1899年〜1993年、名:忠蔵 号:元斎・叩城・九土)
九代次男。戦中戦後の多難な時期に多数の名作を製作。京都府文化功労者。

1985年(昭和60年)、十二代に跡を譲り隠居。
代表作に惺斎好・唐崎松中棗・醍醐枝垂桜大棗、即中斎好・四季 誰が袖蒔絵茶器など。

 

 

内は朱金、朱漆で惺斎のお花押がはいっています。

DSC_0093.JPG

 

惺斎宗匠のお箱書、「宗哲作 六角鈴ノ絵香合 天満宮能舞台披露ノ節 三本柱木ヲ以テ好之」。

 

作者共箱。

DSC_0764.JPG

 

径7,5センチ   高2センチ

DSC_0092.JPG

 

価格は32万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300762
この記事に対するトラックバック