<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 永楽正全 安南絞手写 龍 茶碗 | main | 淡々斎好(再好み) 八千代棚 三代岩木裕軒 >>

高橋道八 御本立鶴茶碗

2019年7月19日(金)

 

六代 高橋道八造 御本立鶴写 茶碗を入手しました。

 

DSC_0860.JPG

 

御本立鶴茶碗
寛永16年(1639)の大福茶に細川三斎の喜寿を祝おうと、小堀遠州が茶碗の形をデザインし、三代将軍家光が下絵を描いた立鶴を型にして、茶碗の前後に押して、白と黒の象嵌を施した茶碗を、対馬藩宗家を取りつぎに、釜山窯で焼かせた茶碗を「御本立鶴茶碗」といい、御手本から始まったことから御本とよばれました。

 

DSC_0861.JPG

 

鶴絵、器形、割高台とも良く写しています。

 

DSC_0862.JPG

 

 

DSC_0863.JPG

 

高橋道八家は京焼の窯元の一つで、陶芸家の名跡。江戸時代後期より作陶に携わり、特に茶道具、煎茶器の名品を輩出し続けてきた。
六代 高橋道八(明治14年(1881年)- 昭和16年(1941年)) 四代次男。
本名「英光」、号「華中亭」。先代、及び四代の陶法をつぐ。

 

 

DSC_0864.JPG

 

作者共箱。

IMG_0071.jpg

 

径10,7センチ   高8,5センチ

DSC_0860.JPG

 

価格は25,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300721
この記事に対するトラックバック