<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 清水日呂志 高麗茶碗 | main | 清水日呂志 高麗茶碗 蕎麦 斗々屋 >>

清水日呂志 高麗茶碗 三島 伊羅保

2019年6月24日(月)

 

本日も清水日呂志造の高麗茶碗を二椀ご紹介いたします。
二椀とも未使用のような綺麗な状態です。

 

 

一椀目は三島茶碗です。

 

DSC_0912.JPG

 

三島茶碗(みしまちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、李朝初期15〜16世紀の慶尚南道で焼かれたとされ、雲鶴に次いで古いと考えられています。
鉄分が多い鼠色の素地に、印や箆(へら)や櫛(くし)で紋様をつけ、白土の化粧土を塗った後、削り又は拭き取り仕上げをし、長石釉や木灰釉を掛けて焼成した白象嵌の陶器で、「暦手(こよみで)」とも呼ばれます。

 

 

DSC_0913.JPG

 

三島の名前は、その文様が、伊豆国三嶋明神(現三嶋大社)で版行された摺暦(すりこよみ;木版印刷)である「三島暦」の仮名の崩し文字に似ていることから「みしま」「こよみ」などと呼ばれたというのが通説となっています。

 

DSC_0914.JPG

 

駕洛窯
萬古焼楽山窯3代清水日呂志(しみず ひろし)氏の窯ものの内、高麗茶碗生産の地、韓国で築窯、生産をしているものです。
氏の定評のある高麗茶碗写の系統を引く端正で完成度の高い茶碗です。

 

作者共箱。

DSC_0915.JPG

 

径14,0センチ   高6,7センチ

DSC_0912.JPG

 

価格は6,500円です。

 

 

 

二椀目は伊羅保茶碗です。

 

DSC_0919.JPG

 


伊羅保茶碗(いらぼちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、多くは江戸時代初期に日本からの注文で作られたと考えられています。
伊羅保の名前は、砂まじりの肌の手触りがいらいら(ざらざら)しているところに由来するとされています。

 

DSC_0916.JPG

 

作行は、やや薄めで、胴はあまり張らず、腰から口まで真直ぐに延び、口が大きく開いていいます。
素地は、鉄分が多い褐色の土で、轆轤目が筋立ち、石灰の多い伊羅保釉(土灰釉)を高台まで薄く総掛けしてあり、土見ずになっています。

 

DSC_0917.JPG

 

作者共箱。

DSC_0918.JPG

 

径14,4センチ   高7,1センチ

DSC_0919.JPG

 

価格は6,500円です。

 

DSC_0905.JPG

 

 

DSC_0906.JPG



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300708
この記事に対するトラックバック