<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大徳寺429世 明堂宗宣 墨竹画一行幅 江戸後期の臨済宗の僧 | main | 五代川端近左 独楽塗 煙草入 >>

四代宮川香斎 青交趾 鶴首花入

2019年5月22日(水)

 

四代宮川香斎造 青交趾 鶴首花入が入りました。

 

DSC_0727.JPG

 

上部には金の輪を五本まわしています。

DSC_0729.JPG

 

 

綺麗な状態。

DSC_0731.JPG

 

四代 永誉香齋 えいよこうさい
明治30年(1897)〜昭和62年(1987)
大正8年、兄の三代光誉香齋の病没し、四代香齋を襲名しました。

煎茶の大阪佃一茶氏、小川後楽氏、及び西本願寺を中心に、煎茶道具や食器雑器などを制作する。さらに大徳寺、妙心寺の御用達として、御遠忌の天目茶碗を制作する。

昭和4年(1929)、表千家半床庵久田無適斎宗匠に入門し、茶道具の制作に専念する。一方で昭和5年に帝展(現日展)に初入選し、それ以来種々の展覧会に出品する。

 

 

作者共箱。

DSC_0726.JPG

 

径8,0センチ   高25,7センチ

DSC_0730.JPG

 

価格は20,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 花入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300687
この記事に対するトラックバック