<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 建盞天目茶碗 鵬雲斎宗匠 | main | 奈良彫 市川銕琅 若松茶器 即中斎 >>

亀井味楽 高取丸壺茶入

2019年4月25日(水)

 

十四代亀井味楽 高取丸壺茶入が入りました。

 

DSC_0546.JPG

 

唐物(からもの)の丸壺茶入を写したもので、釉薬の景色は変化に富んでいます。

 

DSC_0548.JPG

 

高取焼は、福岡県直方市、福岡市早良区などで継承されている陶器で、400年ほどの歴史を持つ県下有数の古窯。

 

DSC_0549.JPG

 

十四代 亀井味楽
昭和6 (1931) 年、福岡生まれの陶芸家。
遠州七窯の一つ、高取焼の十四代目。高取焼の、高官釉・銅化釉・ふらし釉・白釉・黒釉・黄釉・うす黒釉を用いて作陶する。日本工芸会正会員。文化連盟理事。福岡市無形文化財保持者

 

DSC_0547.JPG

 

 

DSC_0550.JPG

 

 

DSC_0552.JPG

 

 

DSC_0545.JPG

 

作者共箱。

DSC_0544.JPG

 

径7センチ   高7,5センチ

DSC_0546.JPG

 

価格は34,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300668
この記事に対するトラックバック