<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大西清右衛門 浄心 一葉蓋置 | main | 平野神社 夜桜花見 >>

竹内栖鳳 瓜田画 絹本一行書

2019年4月9日(火)

 

竹内栖鳳 瓜田画 絹本一行書を入手しました。


瓜畑(かでん)とは(うりばたけ)の事。

 

DSC_0316.JPG

 

竹内 栖鳳(1864年(元治元年11月22日) - 1942年(昭和17年))は、戦前の日本画家。近代日本画の先駆者で、画歴は半世紀に及び、戦前 京都画壇を代表する大家である。帝室技芸員。第1回文化勲章受章者。 本名は恒吉。最初は棲鳳と号した。霞中庵の号もある。動物を描けば、その匂いまで描くといわれた達人であった。

 

DSC_0317.JPG

 

上部を空白とし、下部に瓜を二つ描いています。

 

DSC_0318.JPG

 

 

DSC_0320.JPG

 

 

瑞々しい瓜の傍らには、三匹の蟻が覇っています。

DSC_0319.JPG

 

 

DSC_0321.JPG

 

 

DSC_0323.JPG

 

 

DSC_0322.JPG

 

溜塗の二重箱に収まっています。

DSC_0326.JPG

 

作者共箱。

DSC_0327.JPG

 

 

DSC_0324.JPG

 

 

DSC_0316.JPG

 

 

こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300657
この記事に対するトラックバック