<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 樂惺入 赤つくね蓋置 | main | 真葛焼 宮川香斎 撫子絵平茶碗 >>

杉本貞光 粉引茶碗

2019年4月2日(火)

 

杉本貞光造 粉引茶碗が入りました。

 

DSC_0280.JPG

 

本歌の粉引茶碗(こひきちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、李朝初期から中期にかけて全羅南道の長興、宝城、高興、順天で焼かれていたとされています。粉吹ともいいます。粉引の名前は、白い粉が吹き出したように見えるところに由来します。

 

DSC_0283.JPG

 

李朝で、「御器は白磁を専用す」とされたように、白磁が国王専用の御器とされ、一般庶民の白磁の使用が禁じられたため、白磁の代用として焼かれたと考えられています。その後、1602年に王朝の官僚に使用が許され、1720年には一般人にも許可されるようになり、19世紀には白磁が大衆化し、粉引は姿を消して行きます。

 

DSC_0281.JPG

 

粉引は、釉薬の下にまた別の土の層があるため、素地と釉薬が直接触れておらず、強度的には弱いが、独特の柔らかな釉膚で、白い色調があたかも粉を引いたように見えます。

 

DSC_0287.JPG

 

胴の一部に、釉薬がかからず土が見える部分で、特に褐色に発色しているものを「火間(ひま)」といい粉引の見所とされます。
また、長く使い続け釉の上に「雨漏り」と呼ばれるしみができたものも景色として好まれています。

 

DSC_0285.JPG

 

 

DSC_0284.JPG

 

作者共箱。

DSC_0295.JPG

 

径14,4センチ   高7,6センチ

DSC_0282.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300654
この記事に対するトラックバック