<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平安紫光 三島喰篭 | main | 古銅 龍耳花入  >>

十一代 飛来一閑 折溜 柳棗

2019年3月14日(木)

 

十一代 飛来一閑造 折溜 柳棗を入手しました。

 

DSC_0117.JPG

 

飛来 一閑は千家十職の一つ、一閑張細工師の当主が代々襲名している名称。

漆工芸の一種・一閑張の日本における創始者であり、また歴代千家に一閑張による棗や香合などの道具を納めてきた細工師の家系です。

 

DSC_0118.JPG

 

 

DSC_0119.JPG

 

十一代 才右衛門一閑(寛政3年(1791年) - 明治5年(1872年)9月24日)
別号「有隣斎」から、「有隣一閑」の異名を持つ。1818年、26歳の時に襲名。以後、多数の名作を残し「初代以来の名人」と言われる。嘉永2年(1849年)、59歳の時に隠居し十二代に跡を譲るが、その後も製作を続ける。

 

DSC_0120.JPG

 

銀で露が七か所うってあります。

DSC_0133.JPG

 

 

 

DSC_0121.JPG

 

 

DSC_0122.JPG

 

十一代 一閑「有隣斎」の朱判

DSC_0123.JPG

 

この度、外箱を造り側面に当代(16代)一閑さんの極書きを頂きました。

 

DSC_0124.JPG

 

十一代 一閑共箱。

DSC_0125.JPG

 

中棗の大きさです。

DSC_0117.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300642
この記事に対するトラックバック