<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 十四代 宮崎寒雉 此花蓋置 | main | 五代三浦竹泉 金襴手 梅香合 >>

四代川端近左 銘々盆 荒目板

2019年1月26日(土)

 

本日は四代川端近左の作品を二点ご紹介いたします。

 

先ず1点目は

四代川端近左造 会津絵銘々盆 拾枚

 

DSC_1297.JPG

 

会津絵(会津塗)はあでやかな色調で、桧垣、松竹梅、破魔矢を組み合わせた図案を描き上げたものが多い。

 

DSC_1298.JPG

 

 

DSC_1299.JPG

 

四代 川端近左 1891年(明治24年)〜1975年(昭和50年)
本名 対三郎 三代 近左の甥。
12歳のときに三代と養子縁組をし三代に師事する。
22歳で四代 川端近左を襲名。数多くの茶道具を製作する。

 

DSC_1300.JPG

 

低い脚がついているので、扱いが容易である。

DSC_1301.JPG

 

作者共箱。

DSC_1303.JPG

 

 

径16,5センチ   高2,7センチ

DSC_1302.JPG

 

 

 

二つ目は
四代川端近左造 利休形荒目小板です。

 

DSC_1304.JPG

 

大小の壱組になっています。

DSC_1305.JPG

 

小のほうは綺麗で無傷。

DSC_1306.JPG

 

大のほうは使用痕があります。

DSC_1307.JPG

 

 

DSC_1309.JPG

 

大のほうは数か所スレがみられますが、片面はまだましです。

 

DSC_1308.JPG

 

 

作者共箱。

DSC_1310.JPG

 

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ

 

 

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300598
この記事に対するトラックバック