<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 謹賀新年 | main | 淡々斎 茶杓 「錺太刀」 >>

高麗 御本半使茶碗

2019年1月15日(火)

 

高麗 御本半使茶碗を入手しました。

 

半使茶碗(はんすちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、判司・判事、判洲などとも書かれます。

 

DSC_1173.JPG

 

御本茶碗(ごほんちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、17〜18世紀にかけて、日本からの注文で焼かれたものをいいます。
御本の名前は、御手本の意で日本で作られた手本(茶碗の下絵や切り形)をもとに朝鮮で焼かれたことが由来です。

 

DSC_1174.JPG

 

これらの茶碗には、胎土の成分から淡い紅色の斑点があらわれることが多く、この斑点を御本または御本手(ごほんで)と呼ぶこともあります。

 

 

DSC_1181.JPG

 

半使の名前は、判司(朝鮮の役官、あるいは通辞という)に宛てた字で、判司が日本に来た時この手の茶碗を持参したことに由来するといわれています。

 

DSC_1180.JPG

 

こちらの茶碗、堅手系の素地の茶碗で、薄く、やや堅い。

 

DSC_1184.JPG

 

内外に赤く斑点の出た、いわゆる「御本」が出ている部分と青味がかっているところが相まじりあい、景色を面白くしています。

 

DSC_1183.JPG

 

釉薬の掛け外しの部分も、景色となっています。

DSC_1178.JPG

 

いわゆる日本からの注文品「御本系の茶碗」は元禄をすぎると、しだいに陶土の集荷が困難になり、享保3年(1718)に閉窯されました。

 

DSC_1179.JPG

 

 

DSC_1175.JPG

 

薄いニューが4〜5本、300〜350年以上の経過からすれば仕方のないことかと。

 

DSC_1176.JPG

 

古箱入り。

DSC_1163.JPG

 

見込みも赤い景色。

DSC_1182.JPG

 

径13,3センチ   高7センチ

DSC_1173.JPG



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300594
この記事に対するトラックバック