<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 十四代亀井味楽 高取水指 鵬雲斎宗匠 | main | 六代高橋道八 御本立鶴茶碗 淡々斎宗匠 >>

即中斎好 初瀬川柳庵 出世柳蒔絵 中棗 

2018年12月17日(月)

 

初瀬川柳庵造 出世柳蒔絵 中棗を入手しました。

 

DSC_1000.JPG

 

即中斎宗匠のお好みの棗です。

芽張り柳を出世柳と呼び、好まれています。

 

DSC_1025.JPG

即中斎宗匠のお箱書き。

 

DSC_1002.JPG

 

初瀬川柳庵(はつせがわりゅうあん)は京都の名工として知られる漆芸家で、本願寺の用度品も制作しました。

表千家十三世家元・即中斎とは特に親しい関係でした。そのため、即中斎の好み物の制作をよくしており、即中斎の花押が入ったものや書付の道具が存在しています。

 

DSC_1004.JPG

 

内は目の覚めるような美しい朱色にしています。

DSC_1005.JPG

 

金 切箔を施し、お花押は黒漆で書かれています。

DSC_1006.JPG

 

柳庵は木箱を共箱とせず、外紙箱の貼り紙で共箱としています。

DSC_0996.JPG

 

桐箱入り。

DSC_0997.JPG

 

中棗の大きさです。

DSC_1000.JPG

 

価格は12万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300585
この記事に対するトラックバック