<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 古銅 雲耳花入 | main | 十二代田原陶兵衛 萩焼 海老耳水指 >>

二代宮川香雲 三島手 数茶碗 十客

2018年12月11日(火)

 

二代宮川香雲造 三島手 数茶碗 十客が入りました。

 

「花三島」と呼ばれる手です。

 

DSC_0972.JPG

 

元来、三島茶碗(みしまちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、李朝初期15〜16世紀の慶尚南道で焼かれたとされ、雲鶴に次いで古いと考えられています。
鉄分が多い鼠色の素地に、印や箆(へら)や櫛(くし)で紋様をつけ、白土の化粧土を塗った後、削り又は拭き取り仕上げをし、長石釉や木灰釉を掛けて焼成した白象嵌の陶器です。

 

DSC_0973.JPG

 

二代宮川香雲

昭和13年生まれ。京都府出身。父は、宮川 香斎家から分家した龍谷焼初代宮川 香雲。宮川香斎家の別家で先代香斎の甥。昭和55年、二代香雲襲名。

 

 

DSC_0974.JPG

 

 

DSC_0975.JPG

 

作者共箱。

DSC_0976.JPG

 

 

径12,1センチ   高7,2センチ

DSC_0972.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300582
この記事に対するトラックバック