<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 田中表阿弥 海松貝蒔絵 手付盆 | main | 加藤十右衛門 志野 細水指 即中斎宗匠 >>

前端春斎 桐蒔絵 大棗 鵬雲斎宗匠

2018年11月27日(火)

 

前端春斎造 桐蒔絵 大棗を入手しました。

 

DSC_0897.JPG

 

格式の高い桐紋の意匠です。

 

DSC_0898.JPG

 

鵬雲斎宗匠の御箱書き。

DSC_0896.JPG

 

初代 前端春斎 石川県生まれ。伝統的な加賀蒔絵の世界を追求した蒔絵師。

 

DSC_0899.JPG

 

桐紋(きりもん)とは、桐の葉や花を図案化した家紋などの総称で、桐花紋(とうかもん)とも呼ばれています。

室町幕府では小判などの貨幣に刻印された。これ以来、室町幕府のほか皇室や豊臣政権など様々な政権が用いており、現在では日本国政府の紋章として用いられています。

 

DSC_0900.JPG

 

内銀。

DSC_0901.JPG

 

 

DSC_0918.JPG

 

作者共箱。

DSC_0895.JPG

 

径7,2センチ   高7,2センチ

DSC_0897.JPG

 

価格は16万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300575
この記事に対するトラックバック