<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 永楽善五郎 妙全 呉須赤絵 鉢 | main | 永楽善五郎 妙全 安南絞手 蜻蛉茶碗 >>

中里重利 唐津皮鯨茶碗

2018年10月10日(水)

 

中里重利造 唐津茶碗を入手しました。

 

DSC_0246.JPG

 

中里重利(1930年 - 2015年)は、陶芸家。佐賀県唐津市出身。
父は12代中里太郎右衛門(無庵)。兄は13代中里太郎右衛門。
1952年、日展初入選。
1973年、唐津市に築窯。
1985年、佐賀県芸術文化功労賞受賞。
1986年、日展評議員。
2015年5月12日、腎不全のため死去。84歳没。

 

 

DSC_0248.JPG

 

 

DSC_0249.JPG

 

皮鯨とは
唐津の茶碗やぐい呑みに見られる装飾のひとつに皮鯨(かわくじら)があります。これは口縁部に黒い縁取りをあしらったものです。名の由来は口縁部の黒を鯨の皮(背中側)、うつわ本体の白茶〜灰色を鯨の身(腹側)になぞらえたことによります。この黒色は鉄絵具によるものです。

 

DSC_0247.JPG

 

作者共箱。

DSC_0251.JPG

 

径15,6センチ   高6,6センチ

DSC_0246.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300556
この記事に対するトラックバック