<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 樂弘入 赤平茶碗 淡々斎 | main | 九代大樋長左衛門 飴茶碗 即中斎 >>

碁盤香合

2018年9月7日(金)

 

碁盤香合が入りました。

 

側面に浜松に波蒔絵がございます。

DSC_0128.JPG

 

「七五三」関連の取り合わせにも、御使い頂けます。

「七五三」の通過儀礼「袴着」は武家や公家等の上流階級で行われていました。「袴着」とは、5歳の男の子に初めて紋付の羽織と袴を着せて、碁盤の上に立たせるという儀式です。

DSC_0129.JPG

 

日本の皇室では、七五三にあたるものとして、碁盤から飛び降りるという儀式が行なわれる。世界をしっかりと踏んで立ち成長するようにとの願いを込め、右手に扇、左手に山橘を持ち,碁盤の上から南の方角へ飛び降りる。皇太子徳仁親王、秋篠宮文仁親王の使用した碁盤は、1964年に日本棋院から寄贈された。皇室に限らず、「碁盤の儀」として七五三に行っている例もある。

 

片方は鳥に波蒔絵です。

DSC_0130.JPG

 

琴棋書画(きんきしょが)に関連した取り合わせにも使えます。

琴棋書画。琴と碁と書と絵。昔中国で,四芸と称して,風流な人々の芸術的な遊びとされた。画題としても描かれた。

 

DSC_0131.JPG

 

内は朱塗りです。

DSC_0132.JPG

 

 

DSC_0133.JPG

 

共箱ですが作者不詳です。

DSC_0134.JPG

 

径6,5センチ   高5センチ

DSC_0128.JPG

 

価格は23,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300537
この記事に対するトラックバック