<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 九代大樋長左衛門 香炉釉 チキリ蓋置 | main | 三浦竹軒 松絵 茶碗 >>

伊勢崎満 備前 肩衝茶入

2018年6月1日(金)

 

伊勢崎満造 備前 肩衝茶入を入手しました。

 

DSC_1749.JPG

 

備前焼

釉薬を一切使わず堅く焼締められた赤みの強い味わいや、「窯変」によって生み出される二つとして同じものがない模様が特徴。

「使い込むほどに味が出る」と言われ、派手さはないが飽きがこないのが特色である。

 

DSC_1748.JPG

 

備前焼の魅力である茶褐色の地肌は、「田土(ひよせ)」と呼ばれるたんぼの底(5m以上掘る場合もある)から掘り起こした土と、山土・黒土を混ぜ合わせた鉄分を多く含む土とを焼くことによって現れる。

 

DSC_1750.JPG

 

見る角度で色々な景色が楽しめます。

 

DSC_1751.JPG

 

伊勢崎満 いさざきみつる

昭和9年 岡山県重要無形文化財の細工師であった伊勢崎陽山の
長男として生まれ、父陽山にその陶技を習得する
昭和36年 備前焼中世の古窯(穴窯)を備前で初めて復元する
昭和39年 日本工芸会正会員となる
昭和49年 第6回金重陶陽賞受賞
平成2年 岡山県文化奨励賞受賞
平成12年 岡山日日新聞芸術文化功労賞受賞
平成17年 日本伝統工芸展に伊部焼で初めて茶碗が入選する
平成19年 小形登窯と穴窯を築窯する

 

DSC_1752.JPG

 

 

DSC_1753.JPG

 

仕覆は二つ付いています。

DSC_1747.JPG

 

作者共箱。

DSC_1756.JPG

 

径6センチ   高7,5センチ

DSC_1749.JPG

 



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300507
この記事に対するトラックバック