<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 長岡空権 出雲茶碗 鵬雲斎宗匠 | main | 五代川端近左 青貝 瓜 錆塗丸香合 >>

永楽善五郎 即全 浅黄交趾 鶴首花入

2018年4月20日(金)

 

永楽善五郎 即全造 浅黄交趾 鶴首花入を入手しました。

 

DSC_1219.JPG

 

 

 

DSC_1222.JPG

 

九つの金の輪は相輪につながります。

DSC_1220.JPG

相輪
五重の塔など仏塔の最上部にある金属製の部分。下から露盤・伏鉢(ふくばち)・請花(うけばな)・九輪(くりん)・水煙・竜舎(りゅうしゃ)・宝珠で構成される。九輪だけをさしてもいう。インドの仏塔の傘蓋(さんがい)が発展したもの。

 

DSC_1221.JPG

 

 

DSC_1217.JPG

 

DSC_1218.JPG

 

高27,3センチ

DSC_1219.JPG

 

価格は57,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 花入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300490
この記事に対するトラックバック