<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 駒澤利斎 木槿画 桐 末広香合 即中斎宗匠 | main | 永楽善五郎 即全 浅黄交趾 鶴首花入 >>

長岡空権 出雲茶碗 鵬雲斎宗匠

2018年4月19日(木)

 

長岡空権造 出雲茶碗を入手しました。

 

DSC_1210.JPG

 

高麗茶碗、伊羅保写しです。

 

伊羅保茶碗とは、高麗茶碗の一種で、多くは江戸時代初期に日本からの注文で作られたと考えられています。伊羅保の名前は、砂まじりの肌の手触りがいらいら(ざらざら)しているところに由来するとされています。

 

 

DSC_1211.JPG

 

内外に刷毛目を施しています。

DSC_1212.JPG

 

11代 長岡空権 (昭和4)年生
10代長岡空處の長男として島根県松江市に生まれる。
1960(昭和35)年、11代坂高麗左衛門に師事。
1965(昭和40)年、11代長岡住右衛門を襲名。
1987(昭和62)年、日本工芸会正会員。
2000(平成12)年、島根県指定無形文化財に認定。
伝統的技術を墨守して伊羅保茶碗を中心に作陶を展開。

 

DSC_1213.JPG

 

竹節高台に兜巾は、伊羅保茶碗や刷毛目茶碗の名碗によく見られます。

こちらの茶碗もよく写しています。

DSC_1214.JPG

 

鵬雲斎宗匠のお箱書き。

DSC_1215.JPG

 

作者共箱。

DSC_1216.JPG

 

径14,5センチ   高6,8センチ

DSC_1210.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300489
この記事に対するトラックバック