<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 亀甲竹 蓋置 兼中斎  | main | 鞍馬口「寿星」 リニューアルオープン >>

川崎和楽 犬香合

2018年3月6日(火)

 

京の楽焼作家、川崎和楽造 犬香合が入りました。

 

DSC_0865.jpg

 

2匹の犬がじゃれ合っている珍しい形です。

DSC_0866.jpg

 

可愛らしく、ほのぼのさを感じます。

 

DSC_0867.jpg

 

川嵜和楽(川崎和楽)は江戸時代後期・文政年間に創業した老舗の窯元です。 初代短冊屋七左衛門が始めた楽焼を、以後約二百年にわたり「楽焼の短冊屋」としてその伝統を守ってきました。 大正7年に元帥であった東郷平八郎より直筆で「和楽」の号を受け、その後「和楽」の屋号にて茶道に適する楽焼の窯元として現在に至っています。
現在の当主、七代和楽は、新しい感覚の茶道具、茶会食器を作るよう心がけておられます。

 

DSC_0868.jpg

 

 

DSC_0869.jpg

 

作者共箱。

DSC_0870.jpg

 

径5,8センチ   高5,5センチ

DSC_0865.jpg

 

 

 

 

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300468
この記事に対するトラックバック