<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 真葛焼 宮川香斎 旅枕花入 | main | 大樋長左衛門 雛絵 茶碗 >>

加藤十右衛門 志野茶碗 淡々斎宗匠

2018年2月6日(火)

 

加藤十右衛門造 志野茶碗を入手しました。

 

志野焼は、美濃焼の一種で、美濃(岐阜県)にて安土桃山時代に焼かれた白釉を使った焼物です。

 

DSC_0711.JPG

 

淡々斎宗匠のお箱書きがございます。

DSC_0723.JPG

 

口辺の歪みぐわいのバランスが絶妙です。

DSC_0713.JPG

 

志野は、長石を主な成分とする釉薬をかけた陶器です。鉄で絵を描き、その上から長石釉をかけることによって、日本で初めて焼き物に絵を焼き付けることができるようになりました。

 

DSC_0714.JPG

 

 

DSC_0712.JPG

 

文様のはっきりしているところ、ぼんやりしているところは、釉薬の厚さによって左右されます。

 

DSC_0715.JPG

 

加藤 十右衛門  明治27年- 昭和49年

岐阜県土岐郡笠原町(現・多治見市)生まれ。八坂窯開窯。

美濃大平の陶祖加藤景豊(加藤五郎衛門景豊)の流れをくむ。

1927年には笠原町の町長を務める。

1958年に岐阜県の無形文化財保持者に認定。

美濃桃山陶芸に魅力され伝統技法をベースに、志野、黄瀬戸、織部、

美濃伊賀などを手掛けた匠。戦後の美濃陶芸再興復元に尽力。

1974年、79歳で死去。

 

作者共箱。

DSC_0728.JPG

 

径11,5センチ   高12センチ

DSC_0711.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300450
この記事に対するトラックバック