<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大徳寺法堂 古釘 炉風炉火箸 | main | 上田直方 信楽 茶入 >>

徳沢守俊 朝鮮唐津茶入 而妙斎御家元

2017年11月9日(木)

 

徳沢守俊造 朝鮮唐津茶入を入手しました。

 

而妙斎御家元のお書付がございます。

DSC_0370.JPG

白色の藁灰釉のなだれが、綺麗に流れて止まっています。

 

象牙蓋。

DSC_0371.JPG

 

朝鮮唐津

李氏朝鮮の陶工から伝わった伝統的なスタイル。黒色を付ける鉄釉を上から流し、白色を付ける藁灰釉を下から掛けたもので、二つを交わらせて風景を表すもの。上下逆の物もある。

 

DSC_0372.JPG

 

仕覆は二つ付いています。

DSC_0366.JPG

 

須恵窯 徳沢守俊
昭和18年  京都に生まれる。
昭和42年  玉川大学農学部卒業。
昭和42年  12代中里太郎右衛門(無庵)に師事。
昭和47年  福岡県須恵町に開窯。 父 成信に茶陶について学ぶ。
昭和57年  表千家而妙斎好み茶碗を製作。
昭和58年  日本工芸会正会員となる。
昭和60年  表千家而妙斎好み盆山を製作。
全国各地の百貨店で個展開催

 

DSC_0367.JPG

 

而妙斎お家元のお箱書。銘「祥雲」

DSC_0369.JPG

 

作者共箱。

DSC_0368.JPG

 

径5センチ   高10センチ

DSC_0370.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300403
この記事に対するトラックバック