<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 三輪休和 萩 肩衝茶入 | main | 膳所焼(岩崎健三) 鮟鱇耳付茶器 淡々斎 >>

利休像 即中斎賛「力囲希」 吉川観方画

2017年8月29日(火)

 

即中斎賛、吉川観方画 千利休座像 横軸を入手しました。

 

DSC_0744.JPG

 

即中斎宗匠

千利休の辞世の句『人生七十 力囲希咄 吾這寶剣 祖佛共殺 堤る我得具足の一太刀 今此時ぞ天に抛』の一部「力囲希」を賛書きされました。

 

DSC_0745.JPG

 

吉川 観方(よしかわ かんぽう 明治27年- 昭和54年)
大正時代から昭和時代にかけての京都の日本画家、版画家。
京都市に生れる。本名は健二郎。書を岡阪鉄山に学んだ後、西堀刀水、竹内栖鳳に師事して日本画を学ぶ。藤原重浪に和歌の添削を受け、1909年(明治42年)から浮世絵の研究を始める。大正5年、京都で初めて木版役者絵を制作、翌1917年(大正6年)に開催された第11回文展に「舞台のかげ」を出品、入選を果たす。
1922年(大正11年)、関西において初めて雲母摺り大錦判の役者絵を作っている。
関西における新版画作家として知られるようになり、役者絵のほか、風景画や美人画も残している。

DSC_0746.JPG

平安東山書人 観方

 

DSC_0747.JPG

 

DSC_0748.JPG

 

DSC_0749.JPG

 

サン語謹書 即中斎とあります。

 

DSC_0750.JPG

 

本紙寸法 巾41,6センチ   高36,2センチ

DSC_0744.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300361
この記事に対するトラックバック