<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 清閑寺窯 杉田祥平 淡々斎好写 海松絵水注 | main | 新井司峰 柳桜蒔絵 大棗 >>

鵬雲斎宗匠好 桐地紋筒釜 角谷与斎 

2018年2月1日(木)

角谷与斎造 鵬雲斎宗匠好 桐地紋筒釜を入手しました。 

正面に踊桐がふたつ。
DSC_1119 (2).JPG

片面には踊桐がひとつ。
DSC_1118 (2).JPG

 

風炉釜、釣釜としてもお使いいただけます。

環付きは鳳凰です。
DSC_1120 (2).JPG

摘みも凝っていて、扇面の透かし、座は七宝にしています。
DSC_1121 (2).JPG

三代 角谷与斎 1938(昭和13)年生
三代角谷与斎は2代角谷興斎の長男として大阪府に生まれました。裏千家14代淡々斎宗室より「与斎」の名前を授かり、1970(昭和45)年に3代角谷与斎を襲名しました。裏千家の出入り職人であり、裏千家15代鵬雲斎宗室の御好をよく制作されています。叔父に人間国宝の角谷一圭を持ちます。

角谷与斎の与の字を鋳込んでいます。
DSC_1122 (2).JPG

今のところお書付はございませんが、本歌の作品ですのでお願いすることは可能です。
DSC_1123 (2).JPG

作者共箱。釜、箱ともに綺麗な状態です。
DSC_1124 (2).JPG

口径10,5センチ、全体の姿も美しい釜です。
DSC_1119 (2).JPG


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 釜、風炉 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300240
この記事に対するトラックバック