<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おりべ茶入 兼中斎宗匠 | main | 九代大樋長左衛門 黒茶碗 坐忘斎御家元 >>

万古焼 佐久間勝山 茶入 久田尋牛斎宗匠

2016年5月6日(金)

佐久間勝山造 万古焼茶入が入りました。

佐久間勝山
1906年 三重県松阪市生まれ。
1947年 即中斎宗匠の御用を承る。
1966年 東京日本橋三越にて個展開催。
1971年 帝国ホテル特別サロンにて個展。
1987年 京都高島屋にて傘寿記念茶陶展開催。
1998年 逝去。
DSC_1078.JPG

三重県松阪市で生まれ、万古焼窯元「松古窯」の4代目として、仁清・乾山写、阿蘭陀写、御本、伊羅保、唐津、信楽、伊賀など広い作域で多くの茶陶を制作しています。
万古焼とは萬古焼とも表記され、伊勢桑名の豪商沼波弄山(ぬなみろうざん)が元文年間に別宅があった朝日町小向に窯を築き、御庭焼として始めたものが最初とされており、松古窯はその流れを汲み、初代・信春が安政年間に開窯した伝統と歴史を持つ窯元です。

DSC_1079.JPG

佐久間勝山は先代である佐久間芳隣の長男として生まれ、幼い頃から作陶の手ほどきを受けており、表千家13代・即中斎宗匠の御用を承っています。
また、裏千家14代淡々斎宗匠より松菱の松古印を賜るなど、茶人たちからも愛される茶陶を制作しており、書付のある作品もございます。

DSC_1080.JPG

DSC_1081.JPG

DSC_1082.JPG

DSC_1083.JPG

仕服が二つ付いています。
DSC_1077.JPG

DSC_1075.JPG

久田尋牛斎宗匠の箱書き 銘「羽衣」
DSC_1074.JPG

DSC_1076.JPG

DSC_1073.JPG

古瀬戸肩衝茶入を写した作品です。
径6,3センチ   高7,6センチ
DSC_1078.JPG


価格は11万円です。

こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300239
この記事に対するトラックバック