<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 加藤芳右衛門 絵志野水指 久田尋牛斎 | main | 万古焼 佐久間勝山 茶入 久田尋牛斎宗匠 >>

おりべ茶入 兼中斎宗匠

2016年5月5日(木)

おりべ茶入 兼中斎宗匠書付が入りました。

上胴部に段をもつ茶入で、肩から段まで耳を付けて櫛目を入れています。
DSC_1063.JPG
胴部には縦にヘラ目を入れています。口縁部から胴部にかけて鉄釉を斜めにかけて変化を出しています。
DSC_1064 (2).JPG
底部と胴部下を除いて錆化粧をして、口部から濃度の異なる鉄釉を二重に流し掛けています。
DSC_1065 (2).JPG
底部はヘラで輪高台を削り出していて、高台内の削りはごく浅い。
DSC_1066 (2).JPG
仕服が二つ、御物仕覆が一つ付いています。
DSC_1062.JPG

江戸期から明治、150年から200年前の作品です。
DSC_1068 (2).JPG
このように作為が表出した茶入れを織部茶入と呼んでいます。
DSC_1069.JPG

DSC_1070 (2).JPG

兼中斎宗匠 銘「瑞雲」
DSC_1072 (2).JPG

径6センチ  高9,7センチ
DSC_1063.JPG

価格は16万円です。

こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300233
この記事に対するトラックバック