<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 九代大樋長左衛門 雪片写茶碗 | main | 紫野 清涼和尚 横物 「松風」 雪窓箱書 >>

鬼丸碧山さんの酒器を頂戴しました 鞍馬口 寿星

2016年4月12日(火)

この度何時もお世話になっている茶道講師の先生から、鬼丸碧山さんの酒器を頂戴しました。

薄く伸びて硬く焼き締まる高取の土を活かし、口作りの鋭さとワイングラスのような曲線をデザインされています。
1460522733616.jpg

難しいことはさておき、まずは乾杯!
今日は「寿星」に友達が二人来てくれたので、早速碧山さんの陶グラスでの酒の味を試して頂きました。
次年度京都紫野ロータリークラブの会長さんと幹事さんの、吉田様と伴戸様です。
1460514264050.jpg

他の器とも良く合います。
1460514290028.jpg

冷酒を飲んで貰いました「これは口当たりが良くて、香りが籠っていいですなー」
1460514274287.jpg

次は脚付きのワイングラス風の陶グラスで生ビールを頂戴していただきます。
1460514306342.jpg

「ム ム ム これは泡が細かい」
1460514316194.jpg

「プハーー うまい これはガラスコップで飲むよりまろやかに感じる!」
1460514322036.jpg

「高取焼きは酒器に向いてますなー。」
1460514296258.jpg

高取の土と天然素材の釉薬を使い薪窯で焚いたこだわりの窯元です。
何をいれても香り豊かになると感じました。
1460522740756.jpg

碧山さんの陶グラスでお酒をお召し上がりに「鞍馬口 寿星」に是非おこしください。


 
鞍馬口「寿星」 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300226
この記事に対するトラックバック