<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 高野宗陵 炉竹蓋置 | main | 萬福堂 吉村樂入 樂織部茶碗 >>

前端雅峯 尋牛斎自画賛 干菓子盆

2016年3月22日(火)

前端雅峯造 尋牛斎自画賛 干菓子盆が入りました。

溜塗に朱漆で書かれています。

尋牛斎宗匠の字型で数枚出来た作品だと思われます。
DSC_0770.JPG

唐松の絵、寿の字、尋牛斎のお花押がございます。
DSC_0771.JPG
前端 雅峯(まえはた がほう、1936年(昭和11年)- ) は、山中塗の塗師。伝統工芸士。
前端家八代目、前端春斉の長男に生まれる。村田道寛師に茶道漆芸、中村長寛師に石地塗り、保谷美成師に加賀蒔絵を学ぶ。 財団法人無限庵(石川県指定文化財)を設立。 2003年には国の重要文化財建長寺修復事業を拝任。 今上陛下に献上の沼津御用邸千本松の古材を以て棗、香合、炉縁の謹作栄誉を受く。ローマ教皇ヨハネパウロ2世猊下に献上の吹雪聖餐器を不徹斎家元のご依頼で謹作。一つの作品を作る時、「宝石を扱っているような気持ちで なければ」という心で仕事をし、作品その物が評価のモノサシであるべきだと考えている。本当に価値のあるものを後世に伝えたいという使命にて、今でも“生涯一棗師”の旺盛な創作意欲と向上心は衰える事を知らない。
DSC_0772.JPG

畳付は黒真塗です。
DSC_0773.JPG

作者共箱。
DSC_0774.JPG

径25,1センチ
DSC_0770.JPG

価格は2万円です。

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小西康 WEBSHOP
茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1300214
この記事に対するトラックバック