<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 十一代休雪 萩茶碗 | main | 京都紫竹ロータリークラブ 家族同伴例会 琵琶湖花火大会 >>

八代白井半七 乾山写 菊絵茶碗

2013年7月30日(火)

八代白井半七造 乾山写 菊絵茶碗が入りました


八代白井半七(1898年〜1949年)
小林一三の招きによって兵庫県宝塚市に移窯し、 仁清・乾山写し等の華やかな京焼の作風を採り入れる

小林 一三(こばやし いちぞう、1873年(明治6年) - 1957年(昭和32年))は日本の実業家。阪急電鉄や宝塚歌劇団をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者 号は逸翁

口を四方にしています
即中斎宗匠の箱書き、銘は「まがき」です

この菊絵は菊の中でも万寿菊と呼ばれています

割高台にしています

径13センチ   高8,8センチ

作者共箱
茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック