<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 京都紫竹ロータリークラブ 家族同伴例会 川床料理  | main | 後藤瑞厳和尚 命名茶杓 瑞雲 >>

小田雪窓 茶杓 「瀧の音」

2013年6月26日(水)

小田雪窓命名茶杓 「瀧の音」が入りました


小田雪窓
臨済宗の僧。大徳寺五百六世。姓は小田、雪窓は道号、諱は宗甫、室号は蔵暉。五百三世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。僧堂師家となり、昭和30年十一代管長に就任、のち開堂した。龍翔寺に住した。昭和41年(1966)寂、65才。

全体が時代で飴色に変わってきています


茶杓に竹自然のしみ柄があり、それを瀧に見立てています


筒、箱に若干のしみ有

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1299854
この記事に対するトラックバック