<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 水無月窯 干支 巳茶碗 | main | 篠原如雪 鬼灯香合 >>

雛まつり茶会 平成25年3月

平成25年3月24日(日)

この度、皆様のご愛顧に感謝申し上げ
「千家十職さんの雛用道具一式」にて雛まつり茶会を催しております。

お得意様にご案内させて頂きましたところ、3月11日から30日までののべ8日間で全国から120名様の御来駕を頂く事となりました。

遠方から御来庵の先生も多く本当に感謝申し上げているところです。

お雛様に因み 春の訪れを皆様と言祝ぎたく一生懸命務めさせて頂いております。

まずはお待合でお菓子を召し上がっていただきます



3月11日午後席  雛用道具にて濃茶のお点前    
清康庵に於いて


お席が終わりもう一度拝見を


一つひとつ精魂込めた十職さんの可愛らしいお道具


ロータリークラブの友達も出席頂きました


露地を伝って茶席へ





3月16日の午後のお席 


3月19日の午後のお席


3月21日の午前のお席


御社中様もお道具がお好きなご様子 熱心に拝見されていました


21日の午後のお席


その後立礼席に移り柿傳さんの料理を召し上がって頂きます


懐石道具も雛道具のうちでございます






柿傳の木村さんの説明にお客様も納得


最後の締めは薄茶をお出しします





家内も頑張っています





11日の薄茶の趣向は、楽焼陶芸作家の吉村樂入氏の「京焼について」のお話





私どもの至らなさを、お道具と柿傳さんの心のこもった料理が補ってくれています。

何にも増してお客様がお助けいただき、何とかやっと形になっています。

茶会 茶事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sadougu.net/trackback/1299808
この記事に対するトラックバック