<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

後藤瑞巌 命名茶杓 「白菊」

2018年9月21日(金)

 

後藤瑞巌和尚 命名茶杓 銘「白菊」を入手しました。

 

DSC_0331.JPG

 

後藤瑞巌
臨済宗の僧。妙心寺六百十六世・大徳寺五百三世。岐阜県生。東大哲学科卒業後、鎌倉円覚寺釈宗活に参禅し、海外布教に従事。朝鮮妙心寺派布教監督となる。帰国後は岐阜円成寺・京都東海庵等の住職を経て、妙心寺派管長・大徳寺派管長に就任。。昭和40年(1965)寂、87才

 

DSC_0332.JPG

 

筒は煤竹を使っています。

DSC_0333.JPG

 

 

DSC_0334.JPG

 

櫂先は折撓、節の上下にシミの景色があり、蟻腰(節の裏を極端に深く削ったものを蟻腰、雉股と呼ぶ)にしています。

 

DSC_0335.JPG

 

 

DSC_0331.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

小田雪窓 命名茶杓 「面影」

2018年9月20日(木)

 

小田雪窓和尚 命名茶杓 銘「面影」が入りました。

 

DSC_0336 - コピー.JPG

 

小田雪窓
臨済宗の僧。大徳寺五百六世。姓は小田、雪窓は道号、諱は宗甫、室号は蔵暉。五百三世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。僧堂師家となり、昭和30年十一代管長に就任、のち開堂した。龍翔寺に住した。昭和41年(1966)寂、65才。

 

DSC_0337.JPG

 

法事や遠忌にいかがでしょうか。

 

DSC_0338.JPG

 

形は素直な利休形。

DSC_0339.JPG

 

全体にシミが出て侘びた雰囲気。

DSC_0340.JPG

 

 

DSC_0336 - コピー.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

後藤瑞巌 命名茶杓 「山路」

2018年9月19日(水)

 

後藤瑞巌 命名茶杓 銘「山路」を入手しました。

 

DSC_0326.JPG

 

節から下の皮を削り景色にしています。

 

DSC_0327.JPG

 

後藤瑞巌

臨済宗の僧。妙心寺六百十六世・大徳寺五百三世。岐阜県生。東大哲学科卒業後、鎌倉円覚寺釈宗活に参禅し、海外布教に従事。朝鮮妙心寺派布教監督となる。帰国後は岐阜円成寺・京都東海庵等の住職を経て、妙心寺派管長・大徳寺派管長に就任。。昭和40年(1965)寂、87才。

 

DSC_0328.JPG

 

裏千家十五世 鵬雲斎宗匠の名付け親としても知られる。

 

DSC_0329.JPG

 

櫂先は大徳寺の和尚様らしく、折撓にしています。

 

DSC_0330.JPG

 

 

DSC_0326.JPG

 

価格は45,000円です



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

後藤瑞巌 茶杓 菖蒲太刀

2018年8月31日(金)

 

後藤瑞巌 命名茶杓「菖蒲太刀」を入手しました。

 

DSC_0050.JPG

 

後藤 瑞巌
明治〜昭和期の僧侶(臨済宗) 元・花園大学学長。
生年 明治12(1879)年10月18日
没年 昭和40(1965)年3月20日
出生地 岐阜県
学歴 東京帝大文科哲学科〔明治39年〕卒
経歴鎌倉円覚寺の釈宗活について禅を修め、その後渡米して布教。大正3年朝鮮妙心寺派布教監督となり、滞在17年の間に京城妙心寺別院を創立。昭和4年岐阜県円成寺住職、6年京都東海庵住職、9年臨済学院院長、同専門学校長、11年臨済宗妙心寺派本山顧問、21年同宗妙心寺派管長、22〜26年同宗大徳寺派管長を歴任した。

 

DSC_0051.JPG

 

 

DSC_0052.JPG

 

一般的に大徳寺形といわれる茶杓の削りです。

DSC_0053.JPG

 

櫂先は折撓形。

DSC_0054.JPG

 

節は勢いよく削っています。

DSC_0055.JPG

 

桟が一方取れていますが、お付けします。

DSC_0050.JPG

 

価格は6万円です。

 

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

井口海仙 茶杓 「わかみどり」

2018年3月18日(日)
 
井口海仙 命名茶杓「わかみどり」が入りました。

 

DSC_1083.JPG

 

 

DSC_1084.JPG

 

節の上下にしみの景色。

DSC_1085.JPG

 

節から上に樋が通っています。

DSC_1086.JPG

 

 

DSC_1087.JPG


井口海仙
明治33年6月24日生まれ。13代千宗室(円能斎)の3男。裏千家宗家の父にまなぶ。茶道教授のかたわら,機関誌「茶道月報」を主宰。戦後は淡交社の社長として茶道書の出版,執筆に活躍した。昭和57年6月8日死去。81歳。京都出身。名は三郎。号は宗含。著作に「竹陰抄」など。

 

DSC_1083.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

井口海仙 茶杓 「碧層々」

2018年3月16日(金)

 

井口海仙 命名茶杓「碧層々」が入りました。

 

DSC_1088.JPG

 

井口海仙
明治33年6月24日生まれ。13代千宗室(円能斎)の3男。裏千家宗家の父にまなぶ。茶道教授のかたわら,機関誌「茶道月報」を主宰。戦後は淡交社の社長として茶道書の出版,執筆に活躍した。昭和57年6月8日死去。81歳。京都出身。名は三郎。号は宗含。著作に「竹陰抄」など。

 

DSC_1089.JPG

 

 

DSC_1090.JPG

 

シミ竹でいい景色です。櫂先は刀形に削っています。

DSC_1091.JPG

 

 

DSC_1092.JPG

 

 

DSC_1088.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

梶浦逸外 茶杓 静寂

2018年1月12日(金)

 

梶浦逸外和尚 命名茶杓 「静寂」入手しました。

 

DSC_0474.JPG

 

梶浦逸外(かじうら いつがい、1896年7月10日−1981年2月10日)

臨済宗の僧侶。 愛知県出身。臨済宗大学(現花園大学)卒。

法名は宗実。臨済学院専門学校校長、1944年岐阜県正眼寺住職、

69年妙心寺派管長。正眼短期大学を創立。禅の海外普及に努めた。

 

 

DSC_0475.JPG

 

櫂先を折溜にしています。

 

DSC_0476.JPG

 

 

DSC_0477.JPG

 

節がスッと上がった美しい形。

DSC_0478.JPG

 

 

DSC_0479.JPG

 

綺麗な状態です。

DSC_0474.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

井口海仙 茶杓 銘「東風」

2016年12月14日(水)

 

井口海仙宗匠 茶杓 銘「東風」を入手しました。

 

井口 海仙(いぐち かいせん、1900年6月24日 - 1982年6月8日)は、茶道家。

京都市に、13代千宗室の3男として生まれた。名は三郎、号は宗含。裏千家宗家の父に茶道を学ぶ。茶道教授をしながら、機関誌「茶道月報」を主宰。戦後は淡交社社長として茶道書の出版、執筆に活躍した。
 

 

DSC_0290.JPG

 

京都、北野天満宮の紅梅を以て茶杓を造っています。

北野天満宮は、天神さんと呼ばれて親しまれています。学問の神様・菅原道真を祀っている神社です。

 

DSC_0291.JPG

 

菅原道真(すがわら の みちざね )は、日本の平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家。
忠臣として名高く、宇多天皇に重用されて寛平の治を支えた一人であり、醍醐朝では右大臣にまで昇った。しかし、左大臣藤原時平に讒訴(ざんそ)され、大宰府へ大宰員外帥として左遷され現地で没した。死後天変地異が多発したことから、朝廷に祟りをなしたとされ、天満天神として信仰の対象となる。現在は学問の神として親しまれる。

 

東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな

 

DSC_0292.JPG

 

DSC_0289.JPG

 

DSC_0293.JPG

 

櫂先から中心にかけて景色があります。

DSC_0294.JPG

 

DSC_0290.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

井口海仙 茶杓 涼風

2016年7月11日(月)

 

井口海仙作 茶杓 銘「涼風」が入りました。

 

DSC_0001.JPG

 

井口海仙(いぐち かいせん、1900年6月24日−1982年6月8日)は、茶道家。 京都市に、13代千宗室の3男として生まれた。名は三郎、号は宗含。裏千家宗家の父に茶道を学ぶ。茶道教授をしながら、機関誌「茶道月報」を主宰。戦後は淡交社社長として茶道書の出版、執筆に活躍した。

 

DSC_0002.JPG

 

DSC_0003.JPG

 

シミ竹のいい茶杓です。

DSC_0004.JPG

 

DSC_0005.JPG

 

DSC_0006.JPG

 

拙作茶杓 涼風

DSC_0001.JPG

 

価格は100,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

裏千家歴代宗匠御好茶杓

2016年4月7日(木)

裏千家歴代宗匠お好茶杓が入りました。

DSC_0528.JPG

一本づつ竹筒にはいっています。
DSC_1067 (2).JPG

DSC_1066 (2).JPG

15本入りです。
DSC_1065 (2).JPG

DSC_1064 (2).JPG

DSC_1063.JPG

DSC_1062.JPG

煤竹もはいっています。
DSC_1061.JPG

DSC_1060.JPG

DSC_1059.JPG

DSC_1058 (2).JPG

DSC_1057 (2).JPG

DSC_1056 (2).JPG

DSC_1053 (2).JPG

DSC_1055 (2).JPG

鵬雲斎宗匠までの15代のお茶杓です。
DSC_1054 (2).JPG

御稽古の教材に適しています。
DSC_0528.JPG

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小西康 WEBSHOP
茶道具 茶杓 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ